2018/10/24

収録レポート #211

ヨーロッパ企画のブロードウェイラジオ!
毎度ご聴取ありがとうございます。
ブレイキン小林a.k.a 小林哲也 からバトンを受け取りましてすぐ戻ってまいりました、藤谷理子です。

a.k.a って、かっこいいですよね。よく見ますよね。ラップする人とか名乗ってますよね。
a.k.aというのは、also know as らしいです。
「〜としても知られる」「またの名を」といったところでしょうか。
あ、みなさん、ご存知でしたか…恥ずかしい…私知らなかったです。


毎回、貼るよ

ブレイキン小林氏はヨーロッパ企画で暗い旅などの作家をしておられる、新しい作家チームのお1人です。

もちろん、ブロードウェイラジオで収録の技術作業や、編集、作家もやってくださっております!一度見ると忘れられない外見をしてらっしゃいます。とてもチャーミングであります。

ブレイキン先生、今後ともよろしくお願いします。


さて、前置きが長くなりましたが、収録のレポートをして参りましょう!


なんでも永野さん、気になる女優さんがいるんだとか…。
その女優とは…


こっち見るな

私です。藤谷理子です。
先週部屋中に小豆をまき散らした藤谷です。


転がしたことは伏せて、お母さんにあげました。


……えぇ…がっかり………
……永野さん、舞台上でもツアー先でもラジオ収録でも一緒の私の何を知りたいんですか…

私と、リスナーの皆さまの心の声を無視して、永野さんはインタビューなさいます。
永野さんは、「ここエコーいれて」の声を、スタッフに無視されてましたけどね。

永野さんがお聞きになったのは、アップなにしてる?声をどう保ってる?お芝居とは?などなど、奥深い、役者ならばお酒を飲みながら朝まで語りつくせる内容でございました。
演劇ひよっこの私が、こんなこと話すのもおこがましいのですが、
いつか役者永野さんを掘り下げるべくインタビューすることを誓いながら、ひよこなりに語ったのでした…

興味のある方はお聞きくださいませ。


さて、ラジオドラマのコーナーへ参りましょう。
今月はa.k.a小林先生のラジオドラマです!


「あの頃の君は」
第二話「あの頃の君を」

小林哲也

出演
永野宗典
藤谷理子
吉田亮太

音楽
T.HAC
dainackwave


いかがでしたでしょうか。

"さわやか"の権化

今週も好青年すぎる好青年ことピカピカ吉田さんにお越しいただきましてのラジオドラマでございました!
なんだか、吉田さんがいる収録といない収録では、空気が変わりますからね。
汚い空気を吸ってきれいな空気を吐いてるんですかね。

あやかりたいものです。
来週もお楽しみに!


小豆ではダメだった永野さん

そんなところでエンディングです。

まだお疲れが見える永野さんは、TBSの金曜ドラマ「大恋愛」にご出演中です!
ムロツヨシさんとのドラマでの共演は、ムロ式をご覧になった皆さまも必見ですね!
詳細はコチラ

来週はブレイキン先生が更新してくださる予定です。

みなさま、くれぐれもお風邪など召されませんよう!


この番組では放送やラジオドラマへの感想、永野・藤谷への質問などをいつでもお待ちしております。
みなさまからのコメントを当番組のメールアドレス( europe.broadway@gmail.com  )、またはこのブログのコメント欄にて受け付けております。
ぜひみなさまのお声をお寄せくださいませ!



お待ちしておりますー!


2018/10/20

収録レポート #210



どうもみなさまはじめまして。
ヨーロッパ企画のブロードウェイラジオ!
毎度ご視聴ありがとうございます。

前回の収録レポートにて理子さんからご紹介にあずかりました
ブレイキン小林 a.k.a 小林哲也です。

今回より、「ヨーロッパ企画のブロードウェイラジオ!」の収録レポートをちょくちょく書かせていただきますので、何とぞよろしくお願いいたします!こういったブログ的なの、何年ぶりだろ。中学2年生の頃に密かにやっていたアメーバブログ以来ですかね。

さてさて早速収録レポート、参りましょう。

今回は、「憔悴しきった永野さんをみんなで癒す」という企画から始まりました。

先ずはこの番組のパーソナリティでもある理子さんから。

傘と小豆を使って「1/fゆらぎ」と言われる波の音を再現して、永野さんを癒そうとするも、リアクションはイマイチでした。
わざわざこのためにビニール傘と小豆を購入し、スタジオに無数の小豆を撒き散らしながら奮闘した理子さん、結果報われず。無念。


かなり再現度は高かったものの、永野さんの心には響きませんでした。


そして、場所を変えて「名言酒場」のマスターたちも総出で永野さんを癒しました。
しかし、永野さんは最後まで「癒された」とは言ってくれませんでした。

「夜回り先生」こと水谷先生、そして石田ゆり子さんの手をお借りしても永野さんの疲労を軽減することさえもできませんでした。
数々の不良少年たちを更生させてきた水谷修先生が唯一手を上げた男こと永野宗典、ここにあり!です。

さて、今月のラジオドラマは私ブレイキン小林 a.k.a 小林哲也が脚本・演出した「あの頃の君は」です。


「あの頃の君は」
第一話「その時君と」

小林哲也

出演
永野宗典
藤谷理子
吉田亮太

音楽
T.HAC
dainackwave




こうやって自分が書いたものを永野さんや藤谷さんに演じていただきそして電波に乗せて数多くの皆様に聴いていただくなんて、本当に光栄です。ご感想などもお待ちしております。

次回も、お楽しみに!



今回出演してくれた友人の吉田くん。 ビッグボーイの人形みたいでいい顔です。



2018/10/18

収録レポート #205〜#209

ヨーロッパ企画のブロードウェイラジオ!
毎度ご視聴ありがとうございます。
片付けても片付けてもこの季節になっても家の前に死んだ蝉がいる藤谷理子です。

さあ今回は9月の振り返り!
ということは、10月からは毎週レポート復活できそうな予感です。
もし読んでくださっている方がいらっしゃいましたら、大変お待たせいたしました!

とはいえとりあえず今回は振り返りましょう。


#205
この回は単身赴任 永野パパの東京ライフのお話からスタート。
いやもう、何回リスナーを泣かせれば気が済むのですか…

永野パパは訳もわからず、東京は渋谷円山町という飲み屋とクラブとライブハウスとホテルしかないような、いかがわしい、魔性の街にステイしてらっしゃいました。

そんな中若者に混じりクラブ遊びをするでもなく、やることといえば劇か筋トレだけ。
もう、涙が止まりません。ストイック永野さんに敬意を。
奥さま、息子ちゃん、娘ちゃん、待っててなあ!お父ちゃん、すぐ帰るからあ!!

働くパパの顔


さて、お便りもいただきました。
前回に引き続き「タイムマシンの使い方」で募集いたしました。

ロロトマシさんは恐竜をちら見、未来の世界をちら見。そして然るべき場所でそれを報告。ロロトマシさん…あなた一体何者ですか…もしかしてあなたは……

はっ、いけない!あまり深く立ち入らないようにしよう…

えりりんさんからは人生の分岐点という深いエピソードをいただきました。
やっぱり大学進学がひとつめの岐路ですよねえ。
しかしご縁とは、不思議なものです。

さて今月のラジオドラマも縁とタイミングに関わるものですよ…


黒イげぇむ屋さん
「十郎のマークシート」
作・左子光晴
出演
木村圭介(劇団献身)
永野宗典
藤谷理子
大歳倫弘
岡村雅史


(敬称略)


"あの"世界観ですよねえ。
短編小説を読んでいるような気分です。ドーン!!!


どんどん参ります


#206

てんちゃんさんからお便り頂きまして、永野さん痩せた?みんな若く見えるよ?とのこと。筋トレと演劇の効果はすごいものがありますね。

でもでもそんな中、私がこの回に提唱しましたのが、中国茶!
みなさま、そして永野さん、中国茶なんですよ。
アンチエイジング、健康、アレルギー、全部中国茶が解決してくれます。(たぶん)

もう一度言いますね、白茶、黄茶、そして羅漢果茶、お飲みあそばせ!
Amazonとかでも売ってるっぽいですから!そして効果あった方はぜひお便りください。


黒イげぇむ屋さん
「アラサーの黒魔術」
作・左子光晴
出演
田村真帆
高木健(エンニュイ)
木村圭介(劇団献身)
永野宗典
藤谷理子
大歳倫弘
岡村雅史

(敬称略)

ぎゅうぎゅう

こんな感じでの収録です。
白熱するお芝居の洪水にあっぷあっぷしながらの収録という、大変素晴らしいじかんでした。
三十子をやった田村真帆は私の大学の同期です。
久しぶりに友に会えて嬉しかったです。すみません、「知らん」ですね。

前回出てきた十郎が出てきたりと、物語同期の絡みも楽しいです。



さあさあ参ります。


#207

この回はリモさんから頂いたお便りからスタートいたしました。
タイムスリップできたら青春ラブラブを体験したいとのこと…!私もしたい!!

そして、ヨーロッパ企画さんの公演を遡ってみたいと!私もしたい!!!

そんなこんなで「タイムスリップして観たい瞬間はある?」の話題に…
私は桂枝雀さんの落語を、永野さんはQueenのライブを。
趣味嗜好が丸わかりですねえ、ちょっと恥ずかしいですね。


黒イげぇむ屋さん
「ヤクザの黒銃」
作・左子光晴
出演
田村真帆
高木健(エンニュイ)
永野宗典
藤谷理子
岡村雅史

(敬称略)


いやあ、この回はとくに、極道夫を演じた高木さんの熱演に圧倒されっぱなしの回ございました。

みんなこの顔になる

汗がもう、滴り落ちてました。かっけーです。

と、ここで興奮冷めやらぬまま名言酒場に行くことになった私たち。


マスター「覚えてる?」

なんでも、「時間」に関する名言を皆で持ち寄って味見しようとのことで…
松宇マスター、私、大歳マスターからの名言も大変美味しゅうございましたが、この収録レポートでは永野さんが持ってきてくれた名言を紹介しましょう。

【時間の名言】

「未来は、今なんです」ー高橋みなみー

いかがですか。みなさん。
AKB48で第一線を走り続けたアイドルならではの説得力。
軽やかに耳に入ってくるようでいてその実、深みのある…
うーん、アレキサンダー!ってあったっけ?


つぎつぎまいりましょう


#208

この回は永野さんのとある話題からスタート。
ヨーロッパ企画の東京公演中のとあるお客さんからのお言葉についてです。

いやね、言わすもがな、ヨーロッパ企画さんは今年20周年を迎えられた老舗の劇団です。当然役者さんたちも素晴らしい実力と魅力とキャリアがおありで、だからこそ20年演劇界の最前線を走り続けてこられたのですが……

え…?なんですって?何言ってるか分からない?

いやいやご冗談を。え?主演の中川さんが?え??永野さんも???

音に触ろう
にわかには信じがたいですが。我々はラジオで言葉をお届けする身。
きちんと伝えようと、誓ったのでした。

お便りもいただきました!
さこみさん、えりりんさん、ありがとうございます!


黒イげぇむ屋さん
「作家の白紙」
作・左子光晴
出演
酒井善史
諏訪雅
永野宗典
藤谷理子
高木健(エンニュイ)
左子光晴

(敬称略)


本番前にきてくださった

久しぶりのヨーロッパ企画の役者さんの登場に皆様大歓喜なのではないでしょうか?
そして物語は、終焉に向かいます…!!!


嬉しい楽しい

そんなところで我々はあの酒場へ…

名言予言酒場】

「近頃カラオケホールが賑わっているようですが、そのうち一人でカラオケを歌う、"おたくカラオケカプセル"というのができるんじゃないでしょうかね。ホーッホッホッ」
ー笑ゥせぇるすまん より 1999ー


どうですか、なんだかゾクゾクしますよねぇ!
いわゆる、ヒトカラ、ワンカラの予言でした!

これは、神秘的なカクテル、ブルー・ムーンで間違い無いでしょう!
ご馳走さまでした!




さあ!ラスト参ります!


#209


音に触ってスタートいたしましたこの回。
トークはヨーロッパ企画の本多力さんの主演映画「食べられる男」のお話でした。

みなさんはご覧になりましたか?食べられる男。
ダークコメディなのですが、静かに食べられる日に向かって行く本多さんのお顔の切ないこと。幸せってなんだろう。みなさま、是非ご覧になってそう考えてください!

本多さん、音楽を手がけるひと:みちゃんさんからもコメントいただきました!



ラジオドラマの収録風景



黒イげぇむ屋さん
「黒イげぇむ屋さん」
作・左子光晴
出演
酒井善史
諏訪雅
永野宗典
藤谷理子

(敬称略)



さて、オセロの謎が解けた最終回でございました。
みなさんは黒歴史を白歴史に変えてみたいですか…?
黒井店長とワンゲームしますか…?

そんなこんなで、作家の左子光晴さんをお招きしてのアフタートークでございます。


もしかしてモグロさんを意識してるのか

左子さんはヨーロッパ企画の暗い旅、京都インディーズ・ジョーンズなどで作家として活躍しておられます。お世話になっております。

普段はもっとポップな明るいコメディなんかをお書きになるそうですが、今回は永野さんに当てにいった作品にされたとか…!
なんでもできるお人でございます!!


そんなこんなで、黒イげぇむ屋さん 終演でございます。
来月もタイムトラベルいたしますよ!お楽しみに!!!



またまたとてもボリューミーに…お付き合い頂きありがとうございました。

そしてみなさま!次からは一回放送につき一レポートを復活いたします!
そしてそして、収録レポートにあの男が!!
私も楽しみです。

だぁ〜れだ!

みなさま、くれぐれもお風邪など召されませんよう!


この番組では放送やラジオドラマへの感想、永野・藤谷への質問などをいつでもお待ちしております。
みなさまからのコメントを当番組のメールアドレス( europe.broadway@gmail.com  )、またはこのブログのコメント欄にて受け付けております。
ぜひみなさまのお声をお寄せくださいませ!



お待ちしておりますー!



2018/10/11

収録レポート #201〜#204

ヨーロッパ企画のブロードウェイラジオ!
毎度ご視聴ありがとうございます。
奮発して買ったちょっといい眼鏡を3日とたたず弟に踏まれて壊してしまった藤谷理子です。今度はめちゃくちゃ安い眼鏡を買います。ふん。


さあ、今回は8月の振り返りです。
参りますよー!


#201

前回第200回放送の振り返りからスタートいたしました。
なんせバタバタバタバタ…わたくしはアレです。生放送とか向いてないタイプです。
もうちょっと落ち着きましょう。

そしてお祝いメッセージを下さった皆さまのご紹介をこの場を借りてもう一度いたします!

てなこ様、春樹 様、よしちゃん様、ひより様、ちーやん様
えりりん様、てつごろう、はつ 夫妻、谷戸橋 様、さこみ様
てんちゃん様、こばたく様、まおくろ様、もも様
元晴くん(これは私の大学の後輩です。びっくりした)、西荻麦 様

皆さま、本当にありがとうございます!!
300回目指して頑張って参ります。
永野さんはマイクの前で絶命するそうです。

応援したいけどちょっとだけ迷惑な目標

これからもよろしくお願いいたします!

そしてこの回はあの男、黒木正浩氏による「黒木健康相談道場」が開かれました。

「クエン酸は万能だ」 
「体の周りは常に弱酸性にしとく」

こちらはあくまで黒木氏の見解ですので、効果には個人差があります。
ただ、健康にイマイチ自信のないリスナーの方は、クエン酸にチャレンジしてみても良いのではないでしょうか。私はしませんが。


知らぬ間に作る日本昔話 第一話 
 「笠地蔵」
作・中田歩
出演
大谷朋也(劇団ケッペキ)
永野宗典
中田歩

(敬称略)

いかがでしたか、みなさま!
私こういうの大好きです。日本昔話のアナザーストーリー…もうワクワクしてしまいます。
中田先生の続編に期待大です!

考えてみて。大正時代にはシャンプーなかってんから。



どんどん参ります


#202

この回はてんちゃんさんから頂いたお手紙の素敵なエピソードをお話しさせていただきました!
七夕の夜、高校の同窓会でみなさまに32年ぶりに再開されたとか!
なんとも心温まる素敵なエピソードでした。

てんちゃんさん、ありがとうございます!

さこみさん、えりりんさんからもお便り頂きました!ありがとうございます。
「もしもタイムマシンがあったらどう使う?」をテーマにお便りを募集したのですが、
さこみさんは「女子校だったから、タイムマシン使って青春らしい青春を取り戻す!」
えりりんさんは「ヨーロッパ企画にハマるよと、10年前の自分に教える!」

いやあ、いいですねえ、みなさま。夢が広がります。
ほんとはほんとはずっと未来の自分が気づかれないようにすぐそこにいるかもしれませんよ…?


知らぬ間に作る日本昔話 第二話
「花咲か爺さん」
作・中田歩
出演
大谷朋也(劇団ケッペキ)
永野宗典

(敬称略)

中田先生は暗い旅の新しい作家さんでして、現役の大学生さんです。
タイムトラベラーの部下役を演じていただいた大谷朋也さんも大学2年生!

ほんとに貼ってるんです

どことなく大泉洋さんに似ている爽やか好青年の大谷さん。
今月いっぱいよろしくお願いいたします!


まだまだ参ります


#203

この回はなんと、サマータイムマシン・ブルース、そしてサマータイムマシン・ワンスモアに出演中の、岡嶋秀昭さん、早織さん、城築創さん、をお呼びして 私も混ざって座談会をいたしました!

みなさんとヨーロッパ企画との出会い、ブルースを見たときの印象、ワンスモアとは…
などなど、たっぷりとお話し伺いました。

去年の出てこようとしてるトランプルイユのインタビューでの失敗を反省し座談会という形式にしましたが、それでもなかなか緊張してしまったわたくし…。
先輩方に助けて頂いて聞き応えたっぷりの座談会になりました!
ぜひお聞きくださいませ


知らぬ間に作る日本昔話 第三話
「鶴の恩返し」
作・中田歩
出演
大谷朋也(劇団ケッペキ)
永野宗典
藤谷理子
松宇拓季

(敬称略)

いやあ面白い!なんだこりゃ。聴いてて気持ちがいいですよねえ。
天才と名高い松宇くんにも出演してもらえましたし。

左・天才、右・ブレイキン

ざくざく参ります


#204

先週に引き続き、客演座談会のpart2でございます。

・ワンスモアのみどころ、考えませんか…
・アップどうしてます?
・役者として気遣ってること
・ツアーでのお楽しみ
・タイムマシンどう使います?

などなど、これまたたっぷりお届けしております。
本公演、まだ観てないよという方もネタバレなどございませんので安心してお聴きください。
もう観たという方は、ふむふむ、お、これはあのシーンのことだな…なんて楽しみ方でお聴きください!


知らぬ間に作る日本昔話 第4話
「桃太郎」
作・中田歩
出演
大谷朋也(劇団ケッペキ)
永野宗典
藤谷理子

(敬称略)

いかがですか!いや面白いのは分かってるんですよ、分かってるんですけど!
みなさま!私ついに、桃太郎役をやってしまいました!

桃太郎、言わずと知れた桃太郎。
保育園の生活発表会でみんなやりたい桃太郎!

いやーこの歳になって桃太郎をできるとは思いませんでしたよ。感無量です。

中田先生に最大限の敬意と感謝を。
これにて 知らぬ間に日本昔話、終演でございます!

ありがとうございました!
来月もタイムスリップにちなんだラジオドラマシリーズです。


少し駆け足でしたが、お付き合い頂きありがとうございました。

次は9月の振り返りです!

みなさま、くれぐれもお風邪など召されませんよう!


この番組では放送やラジオドラマへの感想、永野・藤谷への質問などをいつでもお待ちしております。
みなさまからのコメントを当番組のメールアドレス( europe.broadway@gmail.com  )、またはこのブログのコメント欄にて受け付けております。
ぜひみなさまのお声をお寄せくださいませ!



お待ちしておりますー!





2018/10/10

収録レポート #197〜#200

ヨーロッパ企画のブロードウェイラジオ!
毎度ご視聴ありがとうございます。まだ火災保険の契約を更新していない藤谷理子です。
このまま無事に契約期間が終了してくれないかと思い始めました。よくないです。

さあ、今回は7月の振り返りです。
参りますよー!


#197

サマータイムマシン・ブルース、そしてサマータイムマシン・ワンスモアのお話からスタートいたしました。
お稽古中はタイムマシンがなかなか出てこず「ほんとにタイムスリップするのかしら…」なんて思っていた 永野さんと私。

こちらご覧になった皆様!いかがでしたか?
これからご覧になる皆様!タイムスリップできるのか否か!お楽しみに!


写真合戦

お便りも頂きました。リモさん、ありがとうございます!
なんでもリモさん、今年新社会人なんだそうなのですが、ヨーロッパ企画に出会った時は小学生!なんともご縁を感じます。

そしてなんと、あの東京の大人気劇団、生まれ変わった「阿佐ケ谷スパイダース」の中山祐一朗さん、伊達暁さんに永野さんがインタビューをしてきてくださいました!!
お三方の出会いから、ラジオドラマのお話なんかを話してくださいます。

これを聞いた上で、今月のラジオドラマに臨んでくださいね!!いきますよ!

ラジオドラマ
『誠にありがとう、編集者さん』

作・黒木正浩

出演
中山祐一朗(阿佐ケ谷スパイダース)
伊達暁(阿佐ケ谷スパイダース)

(敬称略)

いかがですか、みなさん!
ヨーロッパ企画の鬼才、黒木正浩氏のラジオドラマを!
あの!阿佐ケ谷スパイダースの!おふたりが!!

なんとも贅沢です。

これ実は、阿佐ケ谷スパイダースさんの本公演、「MAKOTO」の宣伝企画だったのです。
皆さまご覧になりましたか?
ご覧になってからもう一度 ラジオドラマを聴くと、なにか感じるものがあることでしょう。


どんどんいきます。


#198

この回はなんと嬉しいお話からスタートです!
あの、エデイュテイメントラジオドラマをご執筆くださった、てつごろう先生の戯曲本が出版されたと!「継ぐまちファクトリー」!

我々、ご本を頂いちゃいました。てつごろう先生、ありがとうございます。
皆様ぜひお買い求めください!Amazonでも買えますよー!


上演の様子はコチラ!




そして阿佐ケ谷スパイダースの中山祐一朗さん、伊達暁さんへのインタビュー後半戦でございます。
阿佐ケ谷スパイダースは一体どんな劇団なのか?
2017年に劇団化。そしてはじめての公演。どんなお芝居なのか?

そんな色々を大変な密度で話されております。必聴です!


ラジオドラマ
『誠意で戦え、訪問販売者たちよ!』

作・黒木正浩

出演
中山祐一朗(阿佐ケ谷スパイダース)
伊達暁(阿佐ケ谷スパイダース)
菊地かすみ

(敬称略)


いかがでしたでしょうか?
こんな ほっこり大団円の黒木作品は珍しいなと思いつつ、さすがの愛すべきキャラクターたちとキラーセンテンスにやられます。
コミックス愛を侮るなかれ、黒木さんはなんだってできるのです。


まだまだいきますよ!


#199


お便りの紹介からスタートいたしました。
京都の大学1年生さん、ちーやんさん、よしちゃんさん、ありがとうございます!

京都の大学1年生さんは 渡辺たくみ先生のミュージックドラマを聴いての感想を送ってくださいました!浪漫革命さんの「青い春」ですね。


なんでもお友達に連絡までしてくださったとのこと!嬉しい限りです。

ちーやんさんは#66〜#69で放送した 落語会についてのお便りをくださいました。
その放送を聴いて、落語をお好きになったとか!

ということで、永野さんは相当お嫌みたいなのですが、私と永野さんの落語を聴きたいというお便りが5通以上届いてしまったら、来年の1月はブロードウェイラジオ新春寄席を開くことになります。


一生懸命のおしゃべりでございます

聴きたい方はお便りお待ちしております。

よしちゃんさんからはキャンペーンイベントのお話を!
ヨーロッパ企画の昔の映像、上田さんも諏訪さんも若くて可愛いのに、永野さんだけ全然良い方でなくお顔が違った永野さん。
なにはともあれ、今のお顔になってくださって良かったです。

ラジオドラマ
『空手道場からヨドバシカメラに突っ走る』

作・黒木正浩

出演
中山祐一朗(阿佐ケ谷スパイダース)
伊達暁(阿佐ケ谷スパイダース)
永野宗典

(敬称略)

今週のキラーライン
「お箸で褒められるとは、食事の行儀もよい空手チャンピオンということか。
格闘技雑誌の記者は そこに気づいてほしいものだなあ。」

くぅぅーーー!これめちゃくちゃかっこよくないですか!?
私はもう、黒木作品のエッセンスがギュッと詰まったセリフだと思うのです!
座右の銘にしていただいて、かまいません。


さあ!ラストです!


#200

おめでとうございます!ありがとうございます!
そう!皆様が心待ち(?)にしていた第200回放送でございます。
100回放送のときと同じく、角田さんをゲストにお呼びして収録しました!

200回やった男の顔

200回もやって気が触れたのでしょうか。
ラジオだというのにドミノをすることに!!
200回にちなんで200個のドミノ牌をならべます。さあ、成功するのでしょうか…?

29 でも、20。でも、ない。200!

大歳先生からダメ出しがあったり、伊勢村先生からお祝いのメッセージを頂いたり、
(あ、伊勢村さん、おめで!!)
リスナーの皆さまからメッセージをいただいたり!
皆さま、たくさんのメッセージ、本当にありがとうございました!!

なんともしあわせな収録でした。


ラジオドラマ
『ようこそ龍虎町・誠』

作・黒木正浩
出演

中山祐一朗(阿佐ケ谷スパイダース)
伊達暁(阿佐ケ谷スパイダース)
永野宗典

(敬称略)


黒木月間最後の締めくくりは、黒木のあの町、龍虎町でした。
魅力的なキャラクターたちとの出会い、そして永野崎との再会に、往年の黒木ファンはしびれたのでは…?!


そしてドミノを倒す時間です。

きもちいい!

神の手が見えたのは、日頃の行いが良かったからでしょうね。
なんのこっちゃ分からんかったという方も ご心配なく!動画におさめております!




これからもよろしくお願いいたします!!


お付き合い頂きありがとうございました。

次は8月の振り返りです!

みなさま、くれぐれもお風邪など召されませんよう!


この番組では放送やラジオドラマへの感想、永野・藤谷への質問などをいつでもお待ちしております。
みなさまからのコメントを当番組のメールアドレス( europe.broadway@gmail.com  )、またはこのブログのコメント欄にて受け付けております。
ぜひみなさまのお声をお寄せくださいませ!



お待ちしておりますー!