2018/12/17

収録レポート #218

こんにちは。ブロードウェイラジオ!スタッフの松宇です。

日に日に寒くなっていますが、皆さん風邪などを引かれていないでしょうか?
寒い日はぜひ家の中でブロードウェイラジオを聴いてお過ごしください。


12月1週目の放送は、先日行われた下北沢トリウッドでの公開収録の模様をお届けしました。

映画『ボヘミアン・ラプソディー』に夢中の永野さん、理子さん。
公開収録っぽい話題はサラッと流して、『ボヘミアン・ラプソディー』の話をし始めました。

永野さんはクイーンのボーカル フレディ・マーキュリーが亡くなった1991年に多感な中学生時代を過ごし、以降クイーンの大ファンだそうです。
一方理子さんは、クイーンのことはこの映画まではあまり知らなかったとのこと。
ですが、映画を観てどハマりし、今や永野さんも知らないクイーンの映像を見つけるほどになっているとか。
ちなみに映画は11回観たそうです。(2018年12月現在)


さて、今週のラジオドラマは......

『ノー・トレンディー・ラジオドラマ』
第一話『東京』

中川春樹

出演
土佐和成
諏訪雅
永野宗典
藤谷理子
そして...会場の皆さん!


中川さんが、ブロードウェイラジオのために新作ラジオドラマを書き下ろししてくださいました!
男女のすれ違いを描いた連ドラ的作品。中川さんの作家性爆発です!
あの二人はこれからどうなってしまうのか!?
今後の展開にご期待ください。

さらに今回は公開収録の会場にいらっしゃったお客様にもラジオドラマに参加していただきました!
私も会場で様子を見ていたのですが、その一体感たるや!
改めてご協力ありがとうございました!

スクリーンは巨大な台本と化した



そして、次回もなんと公開収録からの放送。
皆さんお待ちかね!「黒木健康道場2」をお送りします!
お楽しみに!

次回のキーアイテム 


ヨーロッパ企画は現在、年末のカウントダウンイベントを絶賛準備中です。
毎年恒例のカウントダウン。今年は「ショートショートムービーフェスティバル10」を
開催します!

個性豊かな18人の監督陣が5分以内の映画を撮って出来を競う映像の殴り合い!

ブロードウェイラジオからは、永野監督とブレイキン小林監督、そして僭越ながら松宇も作品を出させていただきます!
現在鋭意制作中です!

2018年の笑い納めと2019年の笑い初めは、ぜひショートショートムービーで!
詳細は(こちら)!


永野さん主演の映画『Every Day』がリバイバル上映されるそうです!
まだ見ていないという方はこの機会にぜひ!


この番組では放送やラジオドラマへの感想、永野・藤谷への質問などをいつでもお待ちしております。
みなさまからのコメントを当番組のメールアドレス( europe.broadway@gmail.com )、またはこのブログのコメント欄にて受け付けております。
ぜひみなさまのお声をお寄せくださいませ!

お待ちしておりますー!

2018/12/14

収録レポート #217

ヨーロッパ企画のブロードウェイラジオ!
毎度ご聴取ありがとうございます。

寒いですね。
パーソナリティの藤谷です。

今回は第217回放送のレポートをしてまいります。


疲れているのにカメラを向けるとこのサービス精神!

なぜかタイトルコールがヘラヘラしていた今回、お便り紹介からスタートいたしました!

てんちゃんさん、ありがとうございます。
サマータイムマシン・ワンスモアの感想を送ってくださいました。

そこで話題に出ましたのが先週怒りに怒っていたあの男、中川晴樹氏です。

皆さん、中川さんの美脚、いかがでした?
そうなんです、中川さん素晴らしい脚線美の持ち主でして、なんなら脚だけじゃなくて身体全部美しいのです!

ワニのようと、永野さんは形容されていましたが、まさしく、引き締まった身体はハルキかワニかと言ったところでございます。

中川さんのヌード写真集が出ましたらブロードウェイラジオリスナーの皆様はもちろん購入してくださいね!
てんちゃんさんももちろん!!


前回収録で入り時間を知らされていなかった美脚の持ち主


と言ったところで話題はツアーの振り返りに!

楽しい思い出がたくさんありますからねえ。

ちなみに私の思い出ベスト1は北海道旅行ですね。
憧れの小樽水族館に行ってペンギンたちを観られたのが嬉しかったのです。

言うことを聞かないペンギンショー、いつかちゃんと観たいものです。


永野さんの第1位は福岡公演でのお客様2人のスタンディングオベーション!
これ実は、横浜公演の前に収録してまして、横浜公演ではほぼ全員立ち上がって拍手をしてくださいました。

福岡公演も横浜公演も本当に嬉しかったですね。

私はあの光景を一生忘れないと思います。

みなさまありがとうございました!!!


さあ当番組のメインコンテンツ、ラジオドラマのコーナーに参りましょう!
今月は我らが松宇先生のラジオドラマでございます!最終回!


「時間探偵」
第四話 「パラレルな2人」

松宇拓季

出演
永野宗典
藤谷理子
大歳倫弘



いかがだったでしょうか…!
先週の松宇先生の予告通りラブコメタッチの可愛らしいラジオドラマでした!

またもや松宇先生からの感想を貼り付けますね。


↓↓↓

ラジオドラマ4週目 感想

3週目でドラマ的な盛り上がりが終わったので、最終回は後日譚的な話にしたいなぁと思い、このような話になりました。

ループもの(同じ時間を何度も繰り返す話)は、何をしてもその時間から抜け出せないという感じから、話が暗くなりがちと言われているのですが、今回は最終回なので、パーっと明るくいきました。

急に出てきたラブ要素も、おふたりの演技のおかげで、とても暖かい、かわいい感じになっていました。

初めてのラジオドラマで至らない点も多々ありましたが、聴いていただいてありがとうございました。

ちなみに大歳さんのあべこべな声は、普通の日本語を逆再生して作りました。よければ音源を逆再生して、解読してみてください。


こんな感じで大丈夫でしょうか?
好きにカットして使っていただければ。

よろしくお願いいたします!


↑↑↑


だからカットなんてしないですってば!
余すことなく使いますよ!!

ともかく、満足されたようで我々も嬉しいです。
なんせ、作家不在の収録だったので、あっているのか不安でもあったのです!


さて、夏から続いた ラジオドラマコーナーの「時間もの」縛りももう終了でございます。
12月からは中川晴樹先生のラジオドラマをお楽しみくださいませ!!!


といったところでエンディングですね。

永野さん出演のドラマ 大恋愛 は放送中です!
お見逃しなく!

最初も書きましたが、寒いです。
みなさま来週までくれぐれもお風邪など召されませぬよう!

この番組では放送やラジオドラマへの感想、永野・藤谷への質問などをいつでもお待ちしております。
みなさまからのコメントを当番組のメールアドレス( europe.broadway@gmail.com  )、またはこのブログのコメント欄にて受け付けております。
ぜひみなさまのお声をお寄せくださいませ!



お待ちしておりますー!

2018/12/02

収録レポート#216

ヨーロッパ企画のブロードウェイラジオ!
毎度ご聴取ありがとうございます。パーソナリティの藤谷理子です。

前回の収録レポートにて松宇先生に褒められて少し浮かれております。

浮かれているといえば、なんせ世の中はボヘミアン・ラプソディーで盛り上がってますね。
私もボヘミアン・ラプソディー熱にうかされている1人であります。
もはやボヘミアン・ラプソディーに生活を脅かされております。

さて、どうでもいい話をしてしまいました。
第216回放送は東京は新宿のスタジオでの収録でございました。


ここにまで旗は持ってこない

お便り紹介からスタートです。えりりんさん、ありがとうございます!
なんでもえりりんさん、ヨーロッパ企画の本公演をブルースとワンスモア、あわせて18回ご覧になったとか!
素晴らしい熱量です。

素晴らしい熱量といえば、私もボヘミアンラプソディーを7回(2018年12月1日現在)観ました。目指せえりりんさんです。師と仰がせていただきます。

どうでもいいですね。

そして話題はトリウッド大作戦の公開収録のお話に!
そうなんです。トリウッドでの公開収録、大変盛り上がりまして。
またその様子はお伝えするとしまして、その公開収録でのメインディッシュ、ラジオドラマのコーナーで あの人 を作家に迎えたのです。


「作家をやりたいんだがや」

ヨーロッパ企画の俳優、中川晴樹さんです。

なんでも中川さん、俳優だけど作家業もこれから意欲的にやっていきたいと。
そんな噂を耳にした永野さんが すぐさまラジオドラマの執筆をオファー。

そのオファーに中川さんは即既読の即レス。「やります」と。
いやあ、カッコ良いです。男の中の男です。

ということで中川さんのお話を聞こうとしますと…

お話を伺おうとするやいなや「いや、違うんだよ!」と怒っておられます。
中川さんの怒りはとどまることを知らず 矛先は私、藤谷に。

私が中川さんを馬鹿にしているだとか、名古屋メシを食べないだとか、そんな嘘をおつきになります。

CBCラジオをお聴きの皆様!!!
私は誓って、名古屋が大好きであります!!!


入り時間を知らされてなかった中川さん


お怒りの中川さん、どんなラジオドラマを書いてくれるのでしょうか…
ということで、12月のラジオドラマは中川晴樹脚本です!お楽しみに!


といったところで、今月のラジオドラマのコーナーに参りましょう!
今月は松宇先生のラジオドラマですね!


「時間探偵」
第三話 「時間の果ての幽霊」

松宇拓季

出演
永野宗典
藤谷理子
西垣匡基
中川晴樹


いかがでしたでしょうか?
3話目にしてクライマックス!登場人物たちの過去も明かされました。

みなさん気になるのはこちらですね。

あのシーンのためだけに来てもらったの
そう、お久しぶりの西垣さんです。
西垣さんは ヨーロッパ企画の暗い旅のディレクターをされてた作家さんでして、今は東京で活躍中です!

西垣さん、あのセリフ何テイクも何パターンも録らせてくださったのでした。


そしてそして、この場には残念ながらいなかった松宇先生からコメントをいただいております!!

↓↓↓


ラジオドラマ感想

なんといっても中川さんの渋い演技にしびれました。結構ややこしいセリフが多かったのですが、説得力が半端なかったです。

理子さん演じる助手も、今回がクライマックスという感じで、特に父親とのやりとりの部分は、自分で書いといてなんですが、聴いていて熱い気持ちになりました。

4話は、3話で盛り上がったドラマ的な展開がひと段落しまして、探偵と助手の関係性にスポットが当たります。
これまでの回より気楽に聴いていただければと思います。



こんな感じでいかがでしょうか?
好きなところを削っていただいて全然大丈夫です!
よろしくお願いいたします!

(原文ママ)


削ってないですよ、先生!!余すことなく使わせていただきました!!!

いやはや、気楽に聴いていいという第4話、楽しみです!!


といったところでエンディングですね。

ヨーロッパ企画さんの舞台映像やスペシャル番組、映画が U-NEXTで配信されております!
今のところ5本、配信されているようですので、興味のある方は是非チェックしてください。

そして永野さん出演のドラマ 大恋愛 も放送中ですね。
お見逃しなく!

いよいよ12月に突入です!
みなさま来週までくれぐれもお風邪など召されませぬよう!

この番組では放送やラジオドラマへの感想、永野・藤谷への質問などをいつでもお待ちしております。
みなさまからのコメントを当番組のメールアドレス( europe.broadway@gmail.com  )、またはこのブログのコメント欄にて受け付けております。
ぜひみなさまのお声をお寄せくださいませ!



お待ちしておりますー!








2018/11/22

収録レポート#215

皆さん、こんばんわ。
『ヨーロッパ企画のブロードウェイラジオ!』のスタッフをさせていただいております、松宇拓季です。
今週も私がブログを担当させていただきます。



さて、11月の『ヨーロッパ企画のブロードウェイラジオ!』第2週目、いかがだったでしょうか?


今回は役者 永野宗典に迫るインタビューをお送りしました。
数週間前に永野さんが理子さんに行った抜き打ちインタビューの仕返しでしょうか。


以前自分でインタビューが下手だと言っていた理子さんですが、今回のインタビューでは、台本へのアプローチの仕方など貴重なお話が永野さんから次々と!
理子さん!インタビュー力が上がっているのではありませんか?!

演劇の聖地、ブロードウェイの名を冠するラジオとしては、今回のような役者の深い部分に迫るような企画を、今後もやっていきたいと思います。

さて、今回のラジオドラマはいかがでしたでしょうか?

「時間探偵」第二話「シャッフルされた人生」


松宇拓季

出演者
永野宗典
藤谷理子
村上理子
峯裕紀


第二話も、私の友達が出演してくれました。


まずは、依頼人 小野桜を演じてくれた村上理子(あやこ)さん。
前回、依頼人をやってくれた君島さんと同じく、私の放送部時代の同期です。

おばあちゃんだけど、実は16歳という非常に難しい役でしたが、見事にやりきってくれました。

もう一人、依頼人の彼氏を演じてくれたのは、私の大学に入ってからの友達、峯裕紀くんです。

彼は男子大学生ながら、毎日のお昼ごはんの栄養価を気にする非常に真面目な男です。

右・村上さん 左・峯くん


『時間探偵』、第三話もお楽しみに!




さて、連日、大好評開催中のヨーロッパ企画の映画祭『トリウッド大作戦2018』(こちら)。
1124日のプログラムは、この番組のパーソナリティ、永野さんを特集した『永野宗典フェス』です!


その一環として、ブロードウェイラジオも公開収録を行います。
1124 14:30から。場所は下北沢トリウッド(詳しい場所はこちら)です!



公開収録についての情報も、徐々に明らかになってきました。


・ヨーロッパ企画 中川晴樹さん書き下ろしのラジオドラマ

先日、タイトルが発表になりました。
タイトルは......
『ノー・トレンディ・ラジオドラマ』
第一話『大阪』
第二話『東京』


気になるタイトルです!
わざわざ「ノー・トレンディ」と言っているのには、いったいどんな意味があるのでしょうか...

キャストも発表になりました。
第一話は土佐和成、諏訪雅、永野宗典
第二話は藤谷理子、永野宗典
という盤石の構えでお送りします!


・ゲストに黒木正浩さん登場!

こちらも詳細が明らかになってきました。

皆さんは覚えていらっしゃるでしょうか?
今年の8月の放送で話題となった「黒木健康道場」のことを!


公開収録では、その第二弾をお送りします!
クロリオ監督こと黒木さんが皆さんの目の前で健康法を伝授!
これからの季節に気になる、風邪・インフルエンザに有効な健康法も教えてもらえるかもしれません。



さらに、公開収録と同じ日、1124日の17:00からは、「永野フェス」後半戦。永野さんの監督作品&出演作品を4本上映します。
トークゲストは永野さん、理子さん、大歳さん、本多さんです。
こちらも合わせてぜひ!


次回のブログは理子さんに戻る予定です。
これからも番組と合わせて、ブログもよろしくお願いします!


この番組では放送やラジオドラマへの感想、永野・藤谷への質問などをいつでもお待ちしております。
みなさまからのコメントを当番組のメールアドレス( europe.broadway@gmail.com  )、またはこのブログのコメント欄にて受け付けております。
ぜひみなさまのお声をお寄せください!


お待ちしております!

2018/11/16

収録レポート#214

皆さん、こんばんわ。
今年の春から『ヨーロッパ企画のブロードウェイラジオ!』でスタッフをさせていただいております、松宇拓季と申します。

ブレイキン小林さんのように素敵な二つ名は持っていないのですが
周りの皆さん(特に理子さん)からは「天才」と呼ばれています。
なぜ「天才」と呼ばれるに至ったかについては、『ヨーロッパ企画の暗い旅』の『横重力ムービーアワードの旅』をご参照ください。
(この回、私と永野さんの共同作品も見られる名作回です。)



さて、11月の『ヨーロッパ企画のブロードウェイラジオ!』第1週目、いかがだったでしょうか?

この日は夜からの収録で、永野さんはお腹を空かせてスタジオにいらっしゃいました。
ラジオドラマ収録中もお腹がなってNGを出す永野さん。
そんな永野さんをみかねた理子さんは、持っていた巻き寿司を永野さんにプレゼント。
しかし、永野さんは巻き寿司代、約200円を、しっかり理子さんに払っていました。

律儀な男、永野さん。



トークパートでは、京都演劇界の知の巨人、小林欣也さんがいらっしゃいました。
この日は、欣也さんが作・演出・企画をされたお芝居『今』の最終日でした。
舞台を片付けた直後に、終了の余韻にひたる間も与えずに来ていただきました。
欣也さん、お忙しいところありがとうございました!


賢そうな流し目

京都大学吉田寮食堂で行われたこの劇。
ヨーロッパ企画の上田さん、石田さん、西村さん、黒木さん
さらに、暗い旅スタッフの鍋島さん、中田さんも観に行かれたそうです。
理子さんも、お母様と観に行かれたとか。
僕も観たかった......!(泣)


吉田寮を誰よりも愛する男、欣也さんが作った劇だけあって、各所から大絶賛でした。
こちら)によれば、早くも次の動きがあるそうです。
相変わらず大変な状況の吉田寮ですが、欣也さんの次回作に期待です!


ちなみに、ブロードウェイラジオの構成作家である大歳さんは、このお芝居にゲストとして参加されていました。
舞台上で花火を素手でつかんで、手をやけどしたそうです......お大事に。


作・演出とゲスト



そして、なんと!11月分のラジオドラマは、私が脚本を担当させていただきました!

台本を書いた経験など、ほぼ無い私が「ラジオドラマ書いてみたいです......」と言っただけで、このような場を与えていただけるなんて......
自分の恵まれた環境に感謝です!

「時間探偵」
第一話 「真夜中のフラッシュフォワード」

松宇拓季

出演
永野宗典
藤谷理子
君島静
小林哲也

8月の中田歩さん、9月の左子光晴さん、そして10月のわれらがブレイキン小林さん。
ブロードウェイラジオでは3カ月に渡って、3人の作家が「時間もの」というお題でラジオドラマをお送りしてきました。
どのお話も本当に面白かったですね~。
時間シリーズは11月で一旦終わりです。



「時間探偵」のテーマはズバリ「タイムマシンが出てこない時間もの」です。
時間SFは世界中にたくさんの作品がありますが、全部にタイムマシンが出てくるわけではありません。
私もラジオドラマを書くにあたって、時間SFのいろんなパターンを調べました。
知れば知るほど、奥が深い世界です......!


探偵役の永野さん、カッコよかったですね~。想像以上にノリノリで演じてくださいました。

理子さん演じる助手も、長くてややこしいセリフが多かったですが、しっかりキメていただきました!

そして、最後にちょろっと出演していただいたのはブレイキン小林さん。何テイクも重ねていただいての迫真の演技でした!

今月のラジオドラマ、第一話と第二話には、僕の友達にも、ラジオドラマに出演してもらいました。
彼ら彼女らの声はいかがだったでしょうか?

1週目の依頼人、小松原聡美を演じてくれたのは、君島静さん。
僕は高校生のとき放送部だったのですが、彼女はその放送部の同期です。
お聴きのとおりの可愛らしい声の持ち主で、高校時代もみんなの癒しでした。

ちなみにうちの放送部では、部員に変なあだ名をつけるのが恒例でした。
君島さんのあだ名はaiちゃん(あいちゃん)。
さて、皆さんはこのあだ名の由来がわかるでしょうか?(ヒントは苗字の「君島」です。)


aiちゃん a.k.a 君島静




正解は、君島→島→英語でアイランド→aiちゃん(あいちゃん) でした!!

......内輪の話を長々とすみません。
(皆さん的には「知らんわ!」ですね......)

「時間探偵」次回もお楽しみください!
(ちなみにタイトルの「フラッシュフォワード」とは、「フラッシュバック」の逆で、急に断片的に未来が見えるという意味のSF用語です。)



このブログを書いている時点では、長い間行われていた『サマータイムマシン・ブルース』、『サマータイムマシン・ワンスモア』のツアーも終わり、ヨーロッパ企画は『トリウッド大作戦2018』(こちら)の準備に取りかかっております。



『トリウッド大作戦2018』では、ブロードウェイラジオの公開収録も予定されています!
11月24日 14:30から。場所は下北沢トリウッド(詳しい場所はこちら)です!


・ラジオドラマはヨーロッパ企画 中川晴樹さん書き下ろし!


・トリウッド大作戦で最新監督作『ぶつ 涙 なむ ~お友だち見つけたら、なんと!~』 (こちらヒロインはわれらが藤谷理子さんです。)を上映する黒木正浩さんがゲストで登場!


・大人気!名言酒場のスペシャル版!


と盛りだくさんの公開収録になる予定です。

来ていただいたお客様には、なにかしらの形で番組に声をのせていただこうと企んでおります。
ぜひお越しください!


ちなみに、公開収録と同じ日、11月24日の17:00からは、「永野宗典フェス」と題しまして、永野さんの監督作品&出演作品を4本も上映します。
トークゲストとして、永野さんはもちろん、大歳さん、理子さん、そしてヨーロッパ企画 本多力さんも登壇されます。
ブロードウェイラジオファン、そして永野宗典ファンの皆さんはこちらも必見です!



さて、はじめてのブログでしたが、思いのほか長くなってしまいました。長文におつきあいいただき、ありがとうございました。

この番組では放送やラジオドラマへの感想、永野・藤谷への質問などをいつでもお待ちしております。
みなさまからのコメントを当番組のメールアドレス( europe.broadway@gmail.com  )、またはこのブログのコメント欄にて受け付けております。
ぜひみなさまのお声をお寄せください!


お待ちしております!





ヨーロッパ企画のブロードウェイラジオ#214


2018/11/12

収録レポート #213

ヨーロッパ企画のブロードウェイラジオ!
毎度ご聴取ありがとうございます。パーソナリティの藤谷です。


もちろん貼る

今日も今日とて軽快に始まりましたブロードウェイラジオ。
新たなリスナーさまからお便りをいただいたのです!

なんでも、スカパー!でヨーロッパ企画の本公演「来てけつかるべき新世界」をご覧になり、今年の本公演「サマータイムマシン・ブルース」「ワンスモア」をご覧になり、ブロードウェイラジオにたどり着かれたと…!!!

なんでも大阪公演の当日券の販売待ちの時にゆっくり聴いてくださったとか…!

なんて有効的な、豊かな時間の使い方でございましょう!
みなさんもぜひ、ブロードウェイラジオで豊かな空き時間を!


何はともあれ、短期間でえらいディープなところまで来てくださいました。
かきくけごうさん、ありがとうございます。
これからもぜひ聴いてくださいませ!


そして今週の目玉企画は天才と名高い 松宇先生(18)の持ち込み企画。

「インスタントラーメンの思ひ出を語ろう」

です。

天才

いやね、私たちがやっておりました舞台「サマータイムマシン・ブルース」「ワンスモア」は大学生のお話なんでございます。

大学→荒れた食生活→インスタントラーメン→今年はインスタントラーメン60周年!

いやはや天才の思考回路でございます。


ということで…


嬉しそう♡



ここからの…





おいしそう♡


こうです!!

かつてはスタジオの問題で私のフランス土産を食べてもらえないこともありました。
信じられない光景でございます。

永野さんの涙ぐましいラーメンエピソードとともに、みなさんもぜひ永野さんとラーメンすすってみてくださいませ。


そんなこんなで当番組のメインコンテンツであります、ラジオドラマのコーナーに参りましょう!!



「あの頃の君は」
第四話「あの頃の君は」

小林哲也

出演
永野宗典
藤谷理子
吉田亮太

音楽
T.HAC
dainackwave


いかがだったでしょうか!

ブレイキン小林 a.k.a小林哲也先生の渾身の時間ものでございました。
いや、ほんと、われわれ時間の前では無力であります。

それをタイムマシンという 時間を行き来できるものをもってして示してくださったような、そんなラジオドラマでございました。

ブレイキン先生に実際お越しいただき、制作秘話なんかもお聞きしました!
それもまた必聴です。

つうかあ、まぢ、ブレイキンまた書いてよねぇ。
ガチで約束だかんねえ卍卍卍

吉田さんは長袖でも爽やかだぜ

そんなこんなで ブレイキン先生のラジオドラマは終演です!

来月のラジオドラマは我らが天才が執筆してくれました!!
お楽しみに!

と言ったわけで、


そんなところでエンディングです。

永野さんは、TBSの金曜ドラマ「大恋愛」にご出演中です!
ムロツヨシさんとのドラマでの共演は、ムロ式をご覧になった皆さまも必見ですね!
詳細はコチラ

見逃し配信なんかもされてるみたいなのでね、みなさまお忘れになっても慌てずに!



さて、本格的に寒くなって参りましたね。
みなさま、くれぐれもお風邪など召されませんよう!

「ありがとう、お疲れ様」


この番組では放送やラジオドラマへの感想、永野・藤谷への質問などをいつでもお待ちしております。
みなさまからのコメントを当番組のメールアドレス( europe.broadway@gmail.com  )、またはこのブログのコメント欄にて受け付けております。
ぜひみなさまのお声をお寄せくださいませ!



お待ちしておりますー!

2018/11/06

収録レポート #212




ヨーロッパ企画のブロードウェイラジオ!
毎度ご聴取ありがとうございます。


小林です。


今週は、先々週行った「憔悴しきった永野さんをみんなで癒す」という企画内で私が石田ゆり子さんの力をお借りして爆誕させた「ありがとう、お疲れ様。」という一言を出演者、スタッフ各々の知人に言ってもらい、みんなで聞く。という企画から始まりました。


永野さんには「小賢しい。」と一蹴されたものの、それを見かねた大歳さんが救いの手を差し伸べてくれました。感謝。



マスターと客


永野さん、理子さん、大歳さんの知人から各々の「ありがとう、お疲れ様。」をいただきましたが、僕としては「永野さんのお母さん」が好きでした。

なんだか、ずるいですよね。

母親ならではの温かみがあって癒されますし、それでいて正直ちょっと笑ってしまう。隙がありません。母は偉大なり。



今週のラジオドラマは私が脚本・演出いたしました「あの頃の君は」の第3話です。


「あの頃の君は」

第三話「あの頃の君へ」


小林哲也

出演
永野宗典
藤谷理子
吉田亮太

音楽
T.HAC
dainackwave



いかがだったでしょうか。
そして、いったいどうなっちゃうんでしょう。
最終話目前にして、元の時代に戻れなくなっちゃいましたけど。


最終話も、是非お聞きくださいませ!

小樽の港でキメる、永野さん



この番組では放送やラジオドラマへの感想、永野・藤谷への質問などをいつでもお待ちしております。
みなさまからのコメントを当番組のメールアドレス( europe.broadway@gmail.com )、またはこのブログのコメント欄にて受け付けております。
ぜひみなさまのお声をお寄せくださいませ!









お待ちしております!
















2018/10/24

収録レポート #211

ヨーロッパ企画のブロードウェイラジオ!
毎度ご聴取ありがとうございます。
ブレイキン小林a.k.a 小林哲也 からバトンを受け取りましてすぐ戻ってまいりました、藤谷理子です。

a.k.a って、かっこいいですよね。よく見ますよね。ラップする人とか名乗ってますよね。
a.k.aというのは、also know as らしいです。
「〜としても知られる」「またの名を」といったところでしょうか。
あ、みなさん、ご存知でしたか…恥ずかしい…私知らなかったです。


毎回、貼るよ

ブレイキン小林氏はヨーロッパ企画で暗い旅などの作家をしておられる、新しい作家チームのお1人です。

もちろん、ブロードウェイラジオで収録の技術作業や、編集、作家もやってくださっております!一度見ると忘れられない外見をしてらっしゃいます。とてもチャーミングであります。

ブレイキン先生、今後ともよろしくお願いします。


さて、前置きが長くなりましたが、収録のレポートをして参りましょう!


なんでも永野さん、気になる女優さんがいるんだとか…。
その女優とは…


こっち見るな

私です。藤谷理子です。
先週部屋中に小豆をまき散らした藤谷です。


転がしたことは伏せて、お母さんにあげました。


……えぇ…がっかり………
……永野さん、舞台上でもツアー先でもラジオ収録でも一緒の私の何を知りたいんですか…

私と、リスナーの皆さまの心の声を無視して、永野さんはインタビューなさいます。
永野さんは、「ここエコーいれて」の声を、スタッフに無視されてましたけどね。

永野さんがお聞きになったのは、アップなにしてる?声をどう保ってる?お芝居とは?などなど、奥深い、役者ならばお酒を飲みながら朝まで語りつくせる内容でございました。
演劇ひよっこの私が、こんなこと話すのもおこがましいのですが、
いつか役者永野さんを掘り下げるべくインタビューすることを誓いながら、ひよこなりに語ったのでした…

興味のある方はお聞きくださいませ。


さて、ラジオドラマのコーナーへ参りましょう。
今月はa.k.a小林先生のラジオドラマです!


「あの頃の君は」
第二話「あの頃の君を」

小林哲也

出演
永野宗典
藤谷理子
吉田亮太

音楽
T.HAC
dainackwave


いかがでしたでしょうか。

"さわやか"の権化

今週も好青年すぎる好青年ことピカピカ吉田さんにお越しいただきましてのラジオドラマでございました!
なんだか、吉田さんがいる収録といない収録では、空気が変わりますからね。
汚い空気を吸ってきれいな空気を吐いてるんですかね。

あやかりたいものです。
来週もお楽しみに!


小豆ではダメだった永野さん

そんなところでエンディングです。

まだお疲れが見える永野さんは、TBSの金曜ドラマ「大恋愛」にご出演中です!
ムロツヨシさんとのドラマでの共演は、ムロ式をご覧になった皆さまも必見ですね!
詳細はコチラ

来週はブレイキン先生が更新してくださる予定です。

みなさま、くれぐれもお風邪など召されませんよう!


この番組では放送やラジオドラマへの感想、永野・藤谷への質問などをいつでもお待ちしております。
みなさまからのコメントを当番組のメールアドレス( europe.broadway@gmail.com  )、またはこのブログのコメント欄にて受け付けております。
ぜひみなさまのお声をお寄せくださいませ!



お待ちしておりますー!


2018/10/20

収録レポート #210



どうもみなさまはじめまして。
ヨーロッパ企画のブロードウェイラジオ!
毎度ご視聴ありがとうございます。

前回の収録レポートにて理子さんからご紹介にあずかりました
ブレイキン小林 a.k.a 小林哲也です。

今回より、「ヨーロッパ企画のブロードウェイラジオ!」の収録レポートをちょくちょく書かせていただきますので、何とぞよろしくお願いいたします!こういったブログ的なの、何年ぶりだろ。中学2年生の頃に密かにやっていたアメーバブログ以来ですかね。

さてさて早速収録レポート、参りましょう。

今回は、「憔悴しきった永野さんをみんなで癒す」という企画から始まりました。

先ずはこの番組のパーソナリティでもある理子さんから。

傘と小豆を使って「1/fゆらぎ」と言われる波の音を再現して、永野さんを癒そうとするも、リアクションはイマイチでした。
わざわざこのためにビニール傘と小豆を購入し、スタジオに無数の小豆を撒き散らしながら奮闘した理子さん、結果報われず。無念。


かなり再現度は高かったものの、永野さんの心には響きませんでした。


そして、場所を変えて「名言酒場」のマスターたちも総出で永野さんを癒しました。
しかし、永野さんは最後まで「癒された」とは言ってくれませんでした。

「夜回り先生」こと水谷先生、そして石田ゆり子さんの手をお借りしても永野さんの疲労を軽減することさえもできませんでした。
数々の不良少年たちを更生させてきた水谷修先生が唯一手を上げた男こと永野宗典、ここにあり!です。

さて、今月のラジオドラマは私ブレイキン小林 a.k.a 小林哲也が脚本・演出した「あの頃の君は」です。


「あの頃の君は」
第一話「その時君と」

小林哲也

出演
永野宗典
藤谷理子
吉田亮太

音楽
T.HAC
dainackwave




こうやって自分が書いたものを永野さんや藤谷さんに演じていただきそして電波に乗せて数多くの皆様に聴いていただくなんて、本当に光栄です。ご感想などもお待ちしております。

次回も、お楽しみに!



今回出演してくれた友人の吉田くん。 ビッグボーイの人形みたいでいい顔です。



2018/10/18

収録レポート #205〜#209

ヨーロッパ企画のブロードウェイラジオ!
毎度ご視聴ありがとうございます。
片付けても片付けてもこの季節になっても家の前に死んだ蝉がいる藤谷理子です。

さあ今回は9月の振り返り!
ということは、10月からは毎週レポート復活できそうな予感です。
もし読んでくださっている方がいらっしゃいましたら、大変お待たせいたしました!

とはいえとりあえず今回は振り返りましょう。


#205
この回は単身赴任 永野パパの東京ライフのお話からスタート。
いやもう、何回リスナーを泣かせれば気が済むのですか…

永野パパは訳もわからず、東京は渋谷円山町という飲み屋とクラブとライブハウスとホテルしかないような、いかがわしい、魔性の街にステイしてらっしゃいました。

そんな中若者に混じりクラブ遊びをするでもなく、やることといえば劇か筋トレだけ。
もう、涙が止まりません。ストイック永野さんに敬意を。
奥さま、息子ちゃん、娘ちゃん、待っててなあ!お父ちゃん、すぐ帰るからあ!!

働くパパの顔


さて、お便りもいただきました。
前回に引き続き「タイムマシンの使い方」で募集いたしました。

ロロトマシさんは恐竜をちら見、未来の世界をちら見。そして然るべき場所でそれを報告。ロロトマシさん…あなた一体何者ですか…もしかしてあなたは……

はっ、いけない!あまり深く立ち入らないようにしよう…

えりりんさんからは人生の分岐点という深いエピソードをいただきました。
やっぱり大学進学がひとつめの岐路ですよねえ。
しかしご縁とは、不思議なものです。

さて今月のラジオドラマも縁とタイミングに関わるものですよ…


黒イげぇむ屋さん
「十郎のマークシート」
作・左子光晴
出演
木村圭介(劇団献身)
永野宗典
藤谷理子
大歳倫弘
岡村雅史


(敬称略)


"あの"世界観ですよねえ。
短編小説を読んでいるような気分です。ドーン!!!


どんどん参ります


#206

てんちゃんさんからお便り頂きまして、永野さん痩せた?みんな若く見えるよ?とのこと。筋トレと演劇の効果はすごいものがありますね。

でもでもそんな中、私がこの回に提唱しましたのが、中国茶!
みなさま、そして永野さん、中国茶なんですよ。
アンチエイジング、健康、アレルギー、全部中国茶が解決してくれます。(たぶん)

もう一度言いますね、白茶、黄茶、そして羅漢果茶、お飲みあそばせ!
Amazonとかでも売ってるっぽいですから!そして効果あった方はぜひお便りください。


黒イげぇむ屋さん
「アラサーの黒魔術」
作・左子光晴
出演
田村真帆
高木健(エンニュイ)
木村圭介(劇団献身)
永野宗典
藤谷理子
大歳倫弘
岡村雅史

(敬称略)

ぎゅうぎゅう

こんな感じでの収録です。
白熱するお芝居の洪水にあっぷあっぷしながらの収録という、大変素晴らしいじかんでした。
三十子をやった田村真帆は私の大学の同期です。
久しぶりに友に会えて嬉しかったです。すみません、「知らん」ですね。

前回出てきた十郎が出てきたりと、物語同期の絡みも楽しいです。



さあさあ参ります。


#207

この回はリモさんから頂いたお便りからスタートいたしました。
タイムスリップできたら青春ラブラブを体験したいとのこと…!私もしたい!!

そして、ヨーロッパ企画さんの公演を遡ってみたいと!私もしたい!!!

そんなこんなで「タイムスリップして観たい瞬間はある?」の話題に…
私は桂枝雀さんの落語を、永野さんはQueenのライブを。
趣味嗜好が丸わかりですねえ、ちょっと恥ずかしいですね。


黒イげぇむ屋さん
「ヤクザの黒銃」
作・左子光晴
出演
田村真帆
高木健(エンニュイ)
永野宗典
藤谷理子
岡村雅史

(敬称略)


いやあ、この回はとくに、極道夫を演じた高木さんの熱演に圧倒されっぱなしの回ございました。

みんなこの顔になる

汗がもう、滴り落ちてました。かっけーです。

と、ここで興奮冷めやらぬまま名言酒場に行くことになった私たち。


マスター「覚えてる?」

なんでも、「時間」に関する名言を皆で持ち寄って味見しようとのことで…
松宇マスター、私、大歳マスターからの名言も大変美味しゅうございましたが、この収録レポートでは永野さんが持ってきてくれた名言を紹介しましょう。

【時間の名言】

「未来は、今なんです」ー高橋みなみー

いかがですか。みなさん。
AKB48で第一線を走り続けたアイドルならではの説得力。
軽やかに耳に入ってくるようでいてその実、深みのある…
うーん、アレキサンダー!ってあったっけ?


つぎつぎまいりましょう


#208

この回は永野さんのとある話題からスタート。
ヨーロッパ企画の東京公演中のとあるお客さんからのお言葉についてです。

いやね、言わすもがな、ヨーロッパ企画さんは今年20周年を迎えられた老舗の劇団です。当然役者さんたちも素晴らしい実力と魅力とキャリアがおありで、だからこそ20年演劇界の最前線を走り続けてこられたのですが……

え…?なんですって?何言ってるか分からない?

いやいやご冗談を。え?主演の中川さんが?え??永野さんも???

音に触ろう
にわかには信じがたいですが。我々はラジオで言葉をお届けする身。
きちんと伝えようと、誓ったのでした。

お便りもいただきました!
さこみさん、えりりんさん、ありがとうございます!


黒イげぇむ屋さん
「作家の白紙」
作・左子光晴
出演
酒井善史
諏訪雅
永野宗典
藤谷理子
高木健(エンニュイ)
左子光晴

(敬称略)


本番前にきてくださった

久しぶりのヨーロッパ企画の役者さんの登場に皆様大歓喜なのではないでしょうか?
そして物語は、終焉に向かいます…!!!


嬉しい楽しい

そんなところで我々はあの酒場へ…

名言予言酒場】

「近頃カラオケホールが賑わっているようですが、そのうち一人でカラオケを歌う、"おたくカラオケカプセル"というのができるんじゃないでしょうかね。ホーッホッホッ」
ー笑ゥせぇるすまん より 1999ー


どうですか、なんだかゾクゾクしますよねぇ!
いわゆる、ヒトカラ、ワンカラの予言でした!

これは、神秘的なカクテル、ブルー・ムーンで間違い無いでしょう!
ご馳走さまでした!




さあ!ラスト参ります!


#209


音に触ってスタートいたしましたこの回。
トークはヨーロッパ企画の本多力さんの主演映画「食べられる男」のお話でした。

みなさんはご覧になりましたか?食べられる男。
ダークコメディなのですが、静かに食べられる日に向かって行く本多さんのお顔の切ないこと。幸せってなんだろう。みなさま、是非ご覧になってそう考えてください!

本多さん、音楽を手がけるひと:みちゃんさんからもコメントいただきました!



ラジオドラマの収録風景



黒イげぇむ屋さん
「黒イげぇむ屋さん」
作・左子光晴
出演
酒井善史
諏訪雅
永野宗典
藤谷理子

(敬称略)



さて、オセロの謎が解けた最終回でございました。
みなさんは黒歴史を白歴史に変えてみたいですか…?
黒井店長とワンゲームしますか…?

そんなこんなで、作家の左子光晴さんをお招きしてのアフタートークでございます。


もしかしてモグロさんを意識してるのか

左子さんはヨーロッパ企画の暗い旅、京都インディーズ・ジョーンズなどで作家として活躍しておられます。お世話になっております。

普段はもっとポップな明るいコメディなんかをお書きになるそうですが、今回は永野さんに当てにいった作品にされたとか…!
なんでもできるお人でございます!!


そんなこんなで、黒イげぇむ屋さん 終演でございます。
来月もタイムトラベルいたしますよ!お楽しみに!!!



またまたとてもボリューミーに…お付き合い頂きありがとうございました。

そしてみなさま!次からは一回放送につき一レポートを復活いたします!
そしてそして、収録レポートにあの男が!!
私も楽しみです。

だぁ〜れだ!

みなさま、くれぐれもお風邪など召されませんよう!


この番組では放送やラジオドラマへの感想、永野・藤谷への質問などをいつでもお待ちしております。
みなさまからのコメントを当番組のメールアドレス( europe.broadway@gmail.com  )、またはこのブログのコメント欄にて受け付けております。
ぜひみなさまのお声をお寄せくださいませ!



お待ちしておりますー!