2018/11/22

収録レポート#215

皆さん、こんばんわ。
『ヨーロッパ企画のブロードウェイラジオ!』のスタッフをさせていただいております、松宇拓季です。
今週も私がブログを担当させていただきます。



さて、11月の『ヨーロッパ企画のブロードウェイラジオ!』第2週目、いかがだったでしょうか?


今回は役者 永野宗典に迫るインタビューをお送りしました。
数週間前に永野さんが理子さんに行った抜き打ちインタビューの仕返しでしょうか。


以前自分でインタビューが下手だと言っていた理子さんですが、今回のインタビューでは、台本へのアプローチの仕方など貴重なお話が永野さんから次々と!
理子さん!インタビュー力が上がっているのではありませんか?!

演劇の聖地、ブロードウェイの名を冠するラジオとしては、今回のような役者の深い部分に迫るような企画を、今後もやっていきたいと思います。

さて、今回のラジオドラマはいかがでしたでしょうか?

「時間探偵」第二話「シャッフルされた人生」


松宇拓季

出演者
永野宗典
藤谷理子
村上理子
峯裕紀


第二話も、私の友達が出演してくれました。


まずは、依頼人 小野桜を演じてくれた村上理子(あやこ)さん。
前回、依頼人をやってくれた君島さんと同じく、私の放送部時代の同期です。

おばあちゃんだけど、実は16歳という非常に難しい役でしたが、見事にやりきってくれました。

もう一人、依頼人の彼氏を演じてくれたのは、私の大学に入ってからの友達、峯裕紀くんです。

彼は男子大学生ながら、毎日のお昼ごはんの栄養価を気にする非常に真面目な男です。

右・村上さん 左・峯くん


『時間探偵』、第三話もお楽しみに!




さて、連日、大好評開催中のヨーロッパ企画の映画祭『トリウッド大作戦2018』(こちら)。
1124日のプログラムは、この番組のパーソナリティ、永野さんを特集した『永野宗典フェス』です!


その一環として、ブロードウェイラジオも公開収録を行います。
1124 14:30から。場所は下北沢トリウッド(詳しい場所はこちら)です!



公開収録についての情報も、徐々に明らかになってきました。


・ヨーロッパ企画 中川晴樹さん書き下ろしのラジオドラマ

先日、タイトルが発表になりました。
タイトルは......
『ノー・トレンディ・ラジオドラマ』
第一話『大阪』
第二話『東京』


気になるタイトルです!
わざわざ「ノー・トレンディ」と言っているのには、いったいどんな意味があるのでしょうか...

キャストも発表になりました。
第一話は土佐和成、諏訪雅、永野宗典
第二話は藤谷理子、永野宗典
という盤石の構えでお送りします!


・ゲストに黒木正浩さん登場!

こちらも詳細が明らかになってきました。

皆さんは覚えていらっしゃるでしょうか?
今年の8月の放送で話題となった「黒木健康道場」のことを!


公開収録では、その第二弾をお送りします!
クロリオ監督こと黒木さんが皆さんの目の前で健康法を伝授!
これからの季節に気になる、風邪・インフルエンザに有効な健康法も教えてもらえるかもしれません。



さらに、公開収録と同じ日、1124日の17:00からは、「永野フェス」後半戦。永野さんの監督作品&出演作品を4本上映します。
トークゲストは永野さん、理子さん、大歳さん、本多さんです。
こちらも合わせてぜひ!


次回のブログは理子さんに戻る予定です。
これからも番組と合わせて、ブログもよろしくお願いします!


この番組では放送やラジオドラマへの感想、永野・藤谷への質問などをいつでもお待ちしております。
みなさまからのコメントを当番組のメールアドレス( europe.broadway@gmail.com  )、またはこのブログのコメント欄にて受け付けております。
ぜひみなさまのお声をお寄せください!


お待ちしております!

2018/11/16

収録レポート#214

皆さん、こんばんわ。
今年の春から『ヨーロッパ企画のブロードウェイラジオ!』でスタッフをさせていただいております、松宇拓季と申します。

ブレイキン小林さんのように素敵な二つ名は持っていないのですが
周りの皆さん(特に理子さん)からは「天才」と呼ばれています。
なぜ「天才」と呼ばれるに至ったかについては、『ヨーロッパ企画の暗い旅』の『横重力ムービーアワードの旅』をご参照ください。
(この回、私と永野さんの共同作品も見られる名作回です。)



さて、11月の『ヨーロッパ企画のブロードウェイラジオ!』第1週目、いかがだったでしょうか?

この日は夜からの収録で、永野さんはお腹を空かせてスタジオにいらっしゃいました。
ラジオドラマ収録中もお腹がなってNGを出す永野さん。
そんな永野さんをみかねた理子さんは、持っていた巻き寿司を永野さんにプレゼント。
しかし、永野さんは巻き寿司代、約200円を、しっかり理子さんに払っていました。

律儀な男、永野さん。



トークパートでは、京都演劇界の知の巨人、小林欣也さんがいらっしゃいました。
この日は、欣也さんが作・演出・企画をされたお芝居『今』の最終日でした。
舞台を片付けた直後に、終了の余韻にひたる間も与えずに来ていただきました。
欣也さん、お忙しいところありがとうございました!


賢そうな流し目

京都大学吉田寮食堂で行われたこの劇。
ヨーロッパ企画の上田さん、石田さん、西村さん、黒木さん
さらに、暗い旅スタッフの鍋島さん、中田さんも観に行かれたそうです。
理子さんも、お母様と観に行かれたとか。
僕も観たかった......!(泣)


吉田寮を誰よりも愛する男、欣也さんが作った劇だけあって、各所から大絶賛でした。
こちら)によれば、早くも次の動きがあるそうです。
相変わらず大変な状況の吉田寮ですが、欣也さんの次回作に期待です!


ちなみに、ブロードウェイラジオの構成作家である大歳さんは、このお芝居にゲストとして参加されていました。
舞台上で花火を素手でつかんで、手をやけどしたそうです......お大事に。


作・演出とゲスト



そして、なんと!11月分のラジオドラマは、私が脚本を担当させていただきました!

台本を書いた経験など、ほぼ無い私が「ラジオドラマ書いてみたいです......」と言っただけで、このような場を与えていただけるなんて......
自分の恵まれた環境に感謝です!

「時間探偵」
第一話 「真夜中のフラッシュフォワード」

松宇拓季

出演
永野宗典
藤谷理子
君島静
小林哲也

8月の中田歩さん、9月の左子光晴さん、そして10月のわれらがブレイキン小林さん。
ブロードウェイラジオでは3カ月に渡って、3人の作家が「時間もの」というお題でラジオドラマをお送りしてきました。
どのお話も本当に面白かったですね~。
時間シリーズは11月で一旦終わりです。



「時間探偵」のテーマはズバリ「タイムマシンが出てこない時間もの」です。
時間SFは世界中にたくさんの作品がありますが、全部にタイムマシンが出てくるわけではありません。
私もラジオドラマを書くにあたって、時間SFのいろんなパターンを調べました。
知れば知るほど、奥が深い世界です......!


探偵役の永野さん、カッコよかったですね~。想像以上にノリノリで演じてくださいました。

理子さん演じる助手も、長くてややこしいセリフが多かったですが、しっかりキメていただきました!

そして、最後にちょろっと出演していただいたのはブレイキン小林さん。何テイクも重ねていただいての迫真の演技でした!

今月のラジオドラマ、第一話と第二話には、僕の友達にも、ラジオドラマに出演してもらいました。
彼ら彼女らの声はいかがだったでしょうか?

1週目の依頼人、小松原聡美を演じてくれたのは、君島静さん。
僕は高校生のとき放送部だったのですが、彼女はその放送部の同期です。
お聴きのとおりの可愛らしい声の持ち主で、高校時代もみんなの癒しでした。

ちなみにうちの放送部では、部員に変なあだ名をつけるのが恒例でした。
君島さんのあだ名はaiちゃん(あいちゃん)。
さて、皆さんはこのあだ名の由来がわかるでしょうか?(ヒントは苗字の「君島」です。)


aiちゃん a.k.a 君島静




正解は、君島→島→英語でアイランド→aiちゃん(あいちゃん) でした!!

......内輪の話を長々とすみません。
(皆さん的には「知らんわ!」ですね......)

「時間探偵」次回もお楽しみください!
(ちなみにタイトルの「フラッシュフォワード」とは、「フラッシュバック」の逆で、急に断片的に未来が見えるという意味のSF用語です。)



このブログを書いている時点では、長い間行われていた『サマータイムマシン・ブルース』、『サマータイムマシン・ワンスモア』のツアーも終わり、ヨーロッパ企画は『トリウッド大作戦2018』(こちら)の準備に取りかかっております。



『トリウッド大作戦2018』では、ブロードウェイラジオの公開収録も予定されています!
11月24日 14:30から。場所は下北沢トリウッド(詳しい場所はこちら)です!


・ラジオドラマはヨーロッパ企画 中川晴樹さん書き下ろし!


・トリウッド大作戦で最新監督作『ぶつ 涙 なむ ~お友だち見つけたら、なんと!~』 (こちらヒロインはわれらが藤谷理子さんです。)を上映する黒木正浩さんがゲストで登場!


・大人気!名言酒場のスペシャル版!


と盛りだくさんの公開収録になる予定です。

来ていただいたお客様には、なにかしらの形で番組に声をのせていただこうと企んでおります。
ぜひお越しください!


ちなみに、公開収録と同じ日、11月24日の17:00からは、「永野宗典フェス」と題しまして、永野さんの監督作品&出演作品を4本も上映します。
トークゲストとして、永野さんはもちろん、大歳さん、理子さん、そしてヨーロッパ企画 本多力さんも登壇されます。
ブロードウェイラジオファン、そして永野宗典ファンの皆さんはこちらも必見です!



さて、はじめてのブログでしたが、思いのほか長くなってしまいました。長文におつきあいいただき、ありがとうございました。

この番組では放送やラジオドラマへの感想、永野・藤谷への質問などをいつでもお待ちしております。
みなさまからのコメントを当番組のメールアドレス( europe.broadway@gmail.com  )、またはこのブログのコメント欄にて受け付けております。
ぜひみなさまのお声をお寄せください!


お待ちしております!





ヨーロッパ企画のブロードウェイラジオ#214


2018/11/12

収録レポート #213

ヨーロッパ企画のブロードウェイラジオ!
毎度ご聴取ありがとうございます。パーソナリティの藤谷です。


もちろん貼る

今日も今日とて軽快に始まりましたブロードウェイラジオ。
新たなリスナーさまからお便りをいただいたのです!

なんでも、スカパー!でヨーロッパ企画の本公演「来てけつかるべき新世界」をご覧になり、今年の本公演「サマータイムマシン・ブルース」「ワンスモア」をご覧になり、ブロードウェイラジオにたどり着かれたと…!!!

なんでも大阪公演の当日券の販売待ちの時にゆっくり聴いてくださったとか…!

なんて有効的な、豊かな時間の使い方でございましょう!
みなさんもぜひ、ブロードウェイラジオで豊かな空き時間を!


何はともあれ、短期間でえらいディープなところまで来てくださいました。
かきくけごうさん、ありがとうございます。
これからもぜひ聴いてくださいませ!


そして今週の目玉企画は天才と名高い 松宇先生(18)の持ち込み企画。

「インスタントラーメンの思ひ出を語ろう」

です。

天才

いやね、私たちがやっておりました舞台「サマータイムマシン・ブルース」「ワンスモア」は大学生のお話なんでございます。

大学→荒れた食生活→インスタントラーメン→今年はインスタントラーメン60周年!

いやはや天才の思考回路でございます。


ということで…


嬉しそう♡



ここからの…





おいしそう♡


こうです!!

かつてはスタジオの問題で私のフランス土産を食べてもらえないこともありました。
信じられない光景でございます。

永野さんの涙ぐましいラーメンエピソードとともに、みなさんもぜひ永野さんとラーメンすすってみてくださいませ。


そんなこんなで当番組のメインコンテンツであります、ラジオドラマのコーナーに参りましょう!!



「あの頃の君は」
第四話「あの頃の君は」

小林哲也

出演
永野宗典
藤谷理子
吉田亮太

音楽
T.HAC
dainackwave


いかがだったでしょうか!

ブレイキン小林 a.k.a小林哲也先生の渾身の時間ものでございました。
いや、ほんと、われわれ時間の前では無力であります。

それをタイムマシンという 時間を行き来できるものをもってして示してくださったような、そんなラジオドラマでございました。

ブレイキン先生に実際お越しいただき、制作秘話なんかもお聞きしました!
それもまた必聴です。

つうかあ、まぢ、ブレイキンまた書いてよねぇ。
ガチで約束だかんねえ卍卍卍

吉田さんは長袖でも爽やかだぜ

そんなこんなで ブレイキン先生のラジオドラマは終演です!

来月のラジオドラマは我らが天才が執筆してくれました!!
お楽しみに!

と言ったわけで、


そんなところでエンディングです。

永野さんは、TBSの金曜ドラマ「大恋愛」にご出演中です!
ムロツヨシさんとのドラマでの共演は、ムロ式をご覧になった皆さまも必見ですね!
詳細はコチラ

見逃し配信なんかもされてるみたいなのでね、みなさまお忘れになっても慌てずに!



さて、本格的に寒くなって参りましたね。
みなさま、くれぐれもお風邪など召されませんよう!

「ありがとう、お疲れ様」


この番組では放送やラジオドラマへの感想、永野・藤谷への質問などをいつでもお待ちしております。
みなさまからのコメントを当番組のメールアドレス( europe.broadway@gmail.com  )、またはこのブログのコメント欄にて受け付けております。
ぜひみなさまのお声をお寄せくださいませ!



お待ちしておりますー!

2018/11/06

収録レポート #212




ヨーロッパ企画のブロードウェイラジオ!
毎度ご聴取ありがとうございます。


小林です。


今週は、先々週行った「憔悴しきった永野さんをみんなで癒す」という企画内で私が石田ゆり子さんの力をお借りして爆誕させた「ありがとう、お疲れ様。」という一言を出演者、スタッフ各々の知人に言ってもらい、みんなで聞く。という企画から始まりました。


永野さんには「小賢しい。」と一蹴されたものの、それを見かねた大歳さんが救いの手を差し伸べてくれました。感謝。



マスターと客


永野さん、理子さん、大歳さんの知人から各々の「ありがとう、お疲れ様。」をいただきましたが、僕としては「永野さんのお母さん」が好きでした。

なんだか、ずるいですよね。

母親ならではの温かみがあって癒されますし、それでいて正直ちょっと笑ってしまう。隙がありません。母は偉大なり。



今週のラジオドラマは私が脚本・演出いたしました「あの頃の君は」の第3話です。


「あの頃の君は」

第三話「あの頃の君へ」


小林哲也

出演
永野宗典
藤谷理子
吉田亮太

音楽
T.HAC
dainackwave



いかがだったでしょうか。
そして、いったいどうなっちゃうんでしょう。
最終話目前にして、元の時代に戻れなくなっちゃいましたけど。


最終話も、是非お聞きくださいませ!

小樽の港でキメる、永野さん



この番組では放送やラジオドラマへの感想、永野・藤谷への質問などをいつでもお待ちしております。
みなさまからのコメントを当番組のメールアドレス( europe.broadway@gmail.com )、またはこのブログのコメント欄にて受け付けております。
ぜひみなさまのお声をお寄せくださいませ!









お待ちしております!