2017/05/29

収録レポート #139


みなさま、1週間のご無沙汰、いかがお過ごしでしたでしょうか?
「ヨーロッパ企画のブロードウェイラジオ!」第139回放送でございました。
1/139=0.0071942446043165467625899280575539568345323741…(小数点以下繰り返し)という、循環節の長さ46の循環小数になるそうですよ。
ということで今回もみなさま、よろしくお願いします!

さあさあ、今週も「収録レポート」をお届けします。
担当は、当番組構成の伊勢村圭太です。どうぞよろしくお願いいたします。

それでは、「ヨーロッパ企画のブロードウェイラジオ!」第139回の収録レポートに参りましょう!

________________


今回も、京都のヨーロッパハウススタジオからの放送です。


素手で自らの心臓をえぐり出そうとしている永野の姿から収録は始まって参ります。


そんな永野の様子を不思議そうに見つめていた藤谷理子が、
今回もさっそく皆さまからのお便りをご紹介いたします。
はつさま、てんちゃん@愛知さま、まおくろさま、ありがとうございます。

伊勢村が先日出演しました、NHK朝の連続テレビ小説『ひよっこ』の反響もいただきまして、非常にありがたい!
感謝&感謝でございます!

理子ちゃんの新MCっぷりにもたくさんコメントいただいております。
今後は理子&伊勢村の大反響コンビがこのラジオを引っ張っていくことになりそうですね。

さてさて、今回もトーク企画ご用意しております。
「永野と理子、入れ替わったらやりたい3のこと」!

永野と理子ちゃん、お互いの体が入れ替わったらこんなことをやってみたい、というのを発表してもらいました。

だいたいこういうのは10が相場だと思うんですけれど、
相場の3割でお送りしちゃうラジオです。安いよ!


お馴染み、脇が甘くなるぐらい高い位置で腕を組みながら何をしたいか考える永野。

永野はどうやら、理子ちゃんの身体性を生かしてみたいようです。
確かに、動ける体を手に入れたら色々やってみたいかもしれないですねえ。


永野になったらどうなるだろう、と妄想する理子ちゃん。

理子ちゃんはどうやら、
「永野が理子ちゃんよりも遥かに長い半生で手にしてきたもの」を体験したいということなのでしょうか。

お互いがお互いをどう見ているか、なんていうことも垣間見えまして、
2人とも楽しんでいたようでございました。


といったところで、番組はメインコンテンツ・ラジオドラマに入っていきます。

5月は、永野が長年温めながら世に出ることの無かった作品をついに公開!
脚本は奇人・小林欣也。
いよいよ最終回でございます!


■ラジオドラマ
5月期ラジオドラマ「小村けんじの奇妙な半日 最終話/原作・永野宗典 脚本・小林欣也さん」
ゲスト出演:山下ダニエル弘之さん、横山清正さん(気持ちのいいチョップ)

このコーナーでは月替わりで様々なラジオドラマをお送りします。
5月は永野原作の連続ドラマ「小村けんじの奇妙な半日」をお送りしました!
次回からはまた新たなラジオドラマがスタートいたします。
どうぞお楽しみに!


ということでございまして、
第139回放送でございました。

今回は伊勢村個人的に大変嬉しいお便りをいただきまして、ありがとうございました!
これからも、永野・理子ちゃん・大歳・伊勢村の活動に対する感想いただけましたらチョベリグです。
6月からはまた新たな新作ラジオドラマが始まります。
次回もどうぞ、お楽しみに。


番組では、放送への感想、永野・マンスリーゲストへの質問等を募集しております。
みなさまからのコメントを番組メールアドレス(europe.broadway@gmail.com)、
またはこのブログのコメント欄にて受け付けております。
ぜひ、みなさまのお声をお寄せくださいm(__)m

お待ちしてます!

0 件のコメント :

コメントを投稿