2017/06/19

収録レポート #142


みなさま、1週間のご無沙汰、いかがお過ごしでしたでしょうか?
「ヨーロッパ企画のブロードウェイラジオ!」第142回放送でございました。
142について調べてみたのですが、本当に何も書くことがありませんでした。
書くとすれば、1つ前の数字が141で、1つ後の数字が143、ということぐらいです。
ということで今回もみなさま、よろしくお願いします!

さあさあ、今週も「収録レポート」をお届けします。
担当は、当番組構成の伊勢村圭太です。どうぞよろしくお願いいたします。

それでは、「ヨーロッパ企画のブロードウェイラジオ!」第142回の収録レポートに参りましょう!

________________


今回も、京都のヨーロッパハウススタジオからの放送です。


『ろくでなしBLUES』にいそうな永野の表情から収録はスタートしていきます。
怒っているわけでは一切なく、資料に集中するとこういう表情になるのです。

そして、永野の相方にも馴染んできたこの人、


夏らしい格好でスタジオにやってきた藤谷理子であります。
今回もこのダブルMCでお送りいたしますよー。

OPはお便りのご紹介から!
てんちゃん@愛知さま、ありがとうございます。

引き続き、永野や理子ちゃんの活動に対するご感想ありましたら随時募集しております。
理子ちゃんが、良い声で読んでくれますからね!


えー、今回の企画なんですけれども。
前回の放送で理子ちゃんが朗読しましたのを、永野がいたく気に入ったようでありまして。


今回は当番組ディレクターの大歳が朗読にチャレンジします!

……またも永野じゃないんですね。
永野が朗読を聞きたすぎて、自分でやるのではなく、後輩にやらせると。

それでは、大歳倫弘によります『月蝕』(作・夢野久作)です。


後輩が述べる朗読の感想を、厳しい目をしながら聞く大歳氏。

次回はついに永野が朗読するということですので、お楽しみに!

といったところで、番組はメインコンテンツ・ラジオドラマに入っていきます。

6月は、当番組ディレクターの大歳が脚本を担当!
サプライズのあるラジオドラマとのことなのですが、果たして…?


■ラジオドラマ
6月期ラジオドラマ「帰ってきた間食夢中刑事ムネダノリオ 京都旅情編/脚本・大歳倫弘」

このコーナーでは月替わりで様々なラジオドラマをお送りします。
6月は大歳が脚本を担当!
前回終わったはずの「間食夢中刑事ムネダノリオ」が早くも帰ってきました。
もはや連続ドラマでも何もありません。
次回からはいったいどうする気なんでしょうか…?
ぜひ目撃してください。


ということでございまして、
第142回放送でございました。

今回は、大歳の朗読に大歳のラジオドラマと、大歳づくしの回でございました。
次回はついに永野が朗読に挑戦するということですので、期待しましょう!
ラジオドラマは、もはやどうなるか分かりません。
唯一言えるのは、大歳が書き下ろすということだけです。
次回もどうぞ、お楽しみに!


番組では、放送への感想、永野・マンスリーゲストへの質問等を募集しております。
みなさまからのコメントを番組メールアドレス(europe.broadway@gmail.com)、
またはこのブログのコメント欄にて受け付けております。
ぜひ、みなさまのお声をお寄せくださいm(__)m

お待ちしてます!

0 件のコメント :

コメントを投稿