2016/01/26

収録レポート #69


みなさま、1週間のご無沙汰、いかがお過ごしでしたでしょうか?
「ヨーロッパ企画のブロードウェイラジオ!」第69回放送でございました。
「69」という、点対称な図形の回でございますねえ。
そんな今回もどうぞ、よろしくお願いします!

さあさあ、今週も「収録レポート」をお届けします。
担当は、当番組構成の伊勢村圭太です。どうぞよろしくお願いいたします。

それでは、「ヨーロッパ企画のブロードウェイラジオ!」第69回の収録レポートに参りましょう!

________________


いつもと変わらず、京都のヨーロッパハウス・スタジオからお送りです。


冒頭、お便りの紹介から始めさせていただきまして、
お便りの流れから、自分の20歳の頃を思いだす永野です。

ヨーロッパ企画を始めたのが、永野が20歳の時だったということで、
永野にとっての20歳は、まさしく人生の岐路だったんですねえ。

新聞配達のバイト先に変な噛みつき方をした、
間違った熱さを持った若き日の永野のエピソードもありまして、
今月のマンスリーゲストを呼び込みます。

1月のマンスリーゲストは、


ヨーロッパ企画・西村直子!

20歳の頃は、この番組の収録場所でもあるヨーロッパハウスに住んでいたと。
ヨーロッパ企画に入ったばかりながら、特に夢に燃えていたわけでもなかったという西村。


どうやら、今とあまり変わらない感じですかねえ?
話聞く限り。
化粧やつけまつげよりもゲームに夢中だといいますから。

そういう集団ですから、男たちもこういう色味ですもんねえ。


世間の同世代からの取り残された感をひしひしと感じながら、、
番組はメインコンテンツのラジオドラマへと入っていきます。
1月のラジオドラマは、新春特別編です。


■ラジオドラマ
1月期ラジオドラマ「ブロードウェイラジオ落語会『初天神』/横山清正さん(月面クロワッサン)」

このコーナーでは月替わりで様々なラジオドラマをお送りします。
今月は、新春特別編ということで「ブロードウェイラジオ落語会」をお送りしております。
ヨーロッパ企画まわりの落語好きな演劇人が集まりまして、この機会に大好きな落語をやっちゃおうという企画です。
新年の風情を楽しめるように頑張っていきますので、どうぞ寛大な心でお聞きください。

・ノーNGでやりきった清正くん。



ということでございまして、2016年4回目の放送でございました。
1月の放送も残り1回となってしまいました。
次回、ブロードウェイラジオ落語会には満を持してあの男が登場!
必聴です!お聞き逃しなく!


そして番組では、放送への感想、永野・マンスリーゲストへの質問等を募集しております。
番組のメールアドレス 46way@europe-kikaku.com もしくは、
このブログのコメント欄で随時お待ちしております!
ぜひお気軽に、一言だけでもコメントくださいませ。
お待ちしてます!

0 件のコメント :

コメントを投稿