2016/07/12

収録レポート #93


みなさま、1週間のご無沙汰、いかがお過ごしでしたでしょうか?
「ヨーロッパ企画のブロードウェイラジオ!」第93回放送でございました。
93回ですが、くさくない放送を目指して頑張ります。
今回もみなさま、よろしくお願いします!

さあさあ、今週も「収録レポート」をお届けします。
担当は、当番組構成の伊勢村圭太です。どうぞよろしくお願いいたします。

それでは、「ヨーロッパ企画のブロードウェイラジオ!」第93回の収録レポートに参りましょう!

________________


今回も、京都のヨーロッパハウススタジオからお送りしております。


差し込む夏の日差しを背景に、永野が放送をスタートさせていきますよ。

OPは、お便りのご紹介から。
てんちゃん@愛知さま、ありがとうございます!

みなさまからご心配頂いているのは嬉しいことなのですが、
OPの話題が血圧というのは、永野の年齢を感じるところであります。

そんな永野と同い年でありながら、
こちらは最近非常に健康的だというこの男が、
マンスリーゲストで来てくれております。


ヨーロッパ企画・土佐和成!

お便りの流れで土佐にも「やりたいこと」を聞いてみたんですが、お墓参りと。
お盆は、ヨーロッパ企画の新作本公演『来てけつかるべき新世界』が近くなってますからねえ。
早めに行きたいと。

これも何やら、若いうちにはなかなか出てこない、年齢を感じる話題でございますねえ。
もう大人です。ヨーロッパ企画です。

花鳥風月に関心を持ち始めたという永野・土佐の2人。
やはり大人です。ヨーロッパ企画です。

花鳥風月の中でも、最近は特に風を感じているという土佐。
というのも、近頃走っているからだと。


しかも走り始めた理由が「60歳に向けて、生き方を考えるため」。
大人です。土佐和成です。

走ることによって、風や気候を鋭敏に感じられるようになり、
自分の体との対話も出来るようになったと。

永野もシビれておりますが、これは確かに良い話でしたねえ。
伊勢村も走ってみたい気持ちになっております。


一同まだまだ土佐の話に感心していたいところではありましたが、
ここで番組のメインコンテンツ、ラジオドラマのお時間が参りました。
7月度ラジオドラマは、ラジオドラマ評論家のおすぎさんからテーマをいただいた、
5人の作家によるリレードラマです!


■ラジオドラマ
7月期ラジオドラマ「『ひとなつのブレイブ・ストーリー』第二話/作・小林欣也さん」
ゲスト出演:朴香実さん

このコーナーでは月替わりで様々なラジオドラマをお送りします。
今月は、「田舎でのひと夏のちょっと不思議な冒険譚」を、
5人の作家によるリレー形式でお送りしております。
毎回作家が変わるということでどう展開していくのか読めません。
次回以降も、どうぞお楽しみに!


ということでございまして、
第93回放送でございました。

今回は土佐の興味深い話がありましたが、
今月は本公演『来てけつかるべき新世界』をはじめ、
みなさまにご紹介したいものがたくさんあるのであります。
次回以降も様々な情報と新しいラジオドラマをお送りしていきたいと思います。
どうぞご期待ください!


そして番組では、放送への感想、永野・マンスリーゲストへの質問等を募集しております。
みなさまからのコメントを番組メールアドレス(europe.broadway@gmail.com)、
またはこのブログのコメント欄にて受け付けております。
ぜひ、みなさまのお声をお寄せくださいm(__)m

お待ちしてます!

0 件のコメント :

コメントを投稿