2016/09/06

収録レポート #101


みなさま、1週間のご無沙汰、いかがお過ごしでしたでしょうか?
「ヨーロッパ企画のブロードウェイラジオ!」第101回放送でございました。
101回ということで、みなさまへのプロポーズのつもりで放送します。
今回もみなさま、よろしくお願いします!

さあさあ、今週も「収録レポート」をお届けします。
担当は、当番組構成の伊勢村圭太です。どうぞよろしくお願いいたします。

それでは、「ヨーロッパ企画のブロードウェイラジオ!」第101回の収録レポートに参りましょう!

________________


今回も、京都のヨーロッパハウススタジオからお送りしております。


ヒゲにメガネで歯を剥き出して笑うという、
新世界のオッサンが板についてきた様子の永野の姿から収録はスタートしていきます。

今回は、とある書籍のお知らせから。
そのタイトルは『ヨーロッパ企画の本 我々、こういうものです。』!
まさしく「ヨーロッパ企画とはどういうものか」について書かれた本だということで、
「ヨーロッパ企画について知りたい」という方はもちろん、「豪華ゲストからの寄稿を読みたい」という方にも大変オススメでございますよー。
この『ヨーロッパ企画の本 我々、こういうものです。』は「来てけつかるべき新世界」京都公演の会場にて先行発売もされますので、是非是非チェックしてみてくださいー。

さあ、といったところで9月の新マンスリーゲストを呼び込みます。
今月のマンスリーゲストは、


ヨーロッパ企画・本多力!
永野とはかつて7年半に渡って2人でラジオ番組をやってきた仲ということで、安心の座組であります。

『ヨーロッパ企画の本 我々、こういうものです。』では、本多力も企画を担当しておりますよ。
「本多、すべてのバーで」。
ヨーロッパ企画のHP内でかつて連載していた企画の書籍版です。
今回伊勢村がヨーロッパ企画HPの奥底を探してみましたら、かつての連載が見つかりました。
ぜひ、本が出るまでの予習としてお使いください→こちら


盟友とのトークに永野も楽しそうでありますが、
ここで、マンスリーゲスト・本多宛てのお便りが届いているということで、
本多とともにご紹介したいきます。
はつさま、なかたんさま、お便りありがとうございます!

いま映画にTVドラマにと大活躍の本多ですから、
今月1ヶ月かけてそのあたりのこぼれ話も聞いていきたいですねえ。

といったところで、番組のメインコンテンツ・ラジオドラマに参ります。
先月から引き続いて『来てけつかるべき新世界』との連動企画、
「新世界短編集」をお送りいたします。
マンスリーゲスト・本多も出演しておりますよー。


■ラジオドラマ
9月期ラジオドラマ「新世界短編集『駒と拳』/作・合田団地さん(努力クラブ)」
ゲスト出演:金丸慎太郎さん、福井菜月さん(ウミ下着)

このコーナーでは月替わりで様々なラジオドラマをお送りします。
今月は先月に引き続いて「新世界短編集」!
週替わりの作家による大阪の物語をお送りしております。
次回もどうぞお楽しみに!


ということでございまして、
第101回放送でございました。
今回から新マンスリーゲスト・本多力を迎えまして、新たな装いでお送りしております。
本公演にヨーロッパ企画の本に、本多の出演しているドラマにと、
話題盛りだくさんでお送りしていきますよ!
ラジオドラマ「新世界短編集」も週替わりの作家で賑やかにお送りしていきます。
みなさま、どうぞお聞き逃しなく!


そして番組では、放送への感想、永野・マンスリーゲストへの質問等を募集しております。
みなさまからのコメントを番組メールアドレス(europe.broadway@gmail.com)、
またはこのブログのコメント欄にて受け付けております。
ぜひ、みなさまのお声をお寄せくださいm(__)m

お待ちしてます!

0 件のコメント :

コメントを投稿