2016/12/12

収録レポート #115


みなさま、1週間のご無沙汰、いかがお過ごしでしたでしょうか?
「ヨーロッパ企画のブロードウェイラジオ!」第115回放送でございました。
電話番号115番といえば、電報受付の番号ですね!
今回もみなさま、よろしくお願いします!

さあさあ、今週も「収録レポート」をお届けします。
担当は、当番組構成の伊勢村圭太です。どうぞよろしくお願いいたします。

それでは、「ヨーロッパ企画のブロードウェイラジオ!」第115回の収録レポートに参りましょう!

________________


今回も、京都のヨーロッパハウススタジオからの放送です。


永野が口をとんがらがして放送をスタートさせていきます。
うしろの毛のクセ具合も相まって、非常に鳥然としています。
よろしくお願いします。

OPは、永野の頭に合うカツラが無いという話。
時代劇といえばカツラは付きものですからねえ。

永野の頭蓋矯正を回避させてくださった尾藤イサオさんに感謝しつつ、
今月のマンスリーゲストを呼び込みます。

12月のマンスリーゲストはこの男!


ヨーロッパ企画・酒井善史!

しびぃ顔をしております。
足の組み方もしびぃです。
しびぃ男です。

さあ、上の写真の酒井の手元にもう見えておりますが、
本日酒井を迎えてお送りするのはこちらの企画。
「酒井善史を作り上げた選書フェア」

俳優であり脚本家であり発明家でもある酒井善史。
彼がおおいに影響を受け、今の彼にもつながっている本を紹介してもらおうというコーナーです。


『アニメ・ロボット大図解』を紹介する酒井善史。
真剣そのものであります。


もう、好きすぎてマイクを無視して読んでしまう酒井。
こうなると伊勢村が出す「巻き」のサインも無視であります。


5度目6度目の「巻き」サインでようやく次の本にいってくれたのですが、
なんていう苦渋の表情でしょうか。
30分の番組だっつってんのに。

なんとか後半ペースを上げてくれたおかげで、
今回も番組のメインコンテンツ・ラジオドラマを放送できそうです。
12月はついにレギュラー化したあの男のドラマです。


■ラジオドラマ
12月期ラジオドラマ「タクシー運ちゃん浪花二郎 第二話/原案・土佐和成 作・永野宗典」

このコーナーでは月替わりで様々なラジオドラマをお送りします。
12月は、「新世界短編集」に登場して話題を集めた浪花二郎がレギュラー化!
浪花二郎の軽妙のなキャラクターから、どんな人情話が繰り広げられるのか、
次回からも、どうぞお楽しみに!

そして今回名言酒場に、
東京出張から帰ってきた大歳マスターが登場しました!
久しぶりでございます。
大歳マスターへの激励など、ぜひ大歳宛てのお便りもよろしくお願いいたします!


ということでございまして、
第115回放送でございました。

今回は、酒井善史のルーツに迫るような話を聞くことができました。
酒井善史宛てのお便りもいただいておりますので、次回ご紹介できればと思っております。
ラジオドラマは、浪花二郎の生みの親・土佐和成による実験的な脚本をお届けする予定です。
次回の放送もどうぞ、お聞き逃しなく!


番組では、放送への感想、永野・マンスリーゲストへの質問等を募集しております。
みなさまからのコメントを番組メールアドレス(europe.broadway@gmail.com)、
またはこのブログのコメント欄にて受け付けております。
ぜひ、みなさまのお声をお寄せくださいm(__)m

お待ちしてます!

0 件のコメント :

コメントを投稿