2016/12/20

収録レポート #116


みなさま、1週間のご無沙汰、いかがお過ごしでしたでしょうか?
「ヨーロッパ企画のブロードウェイラジオ!」第116回放送でございました。
郵便番号116といえば、東京都荒川区でございますね!
今回もみなさま、よろしくお願いします!

さあさあ、今週も「収録レポート」をお届けします。
担当は、当番組構成の伊勢村圭太です。どうぞよろしくお願いいたします。

それでは、「ヨーロッパ企画のブロードウェイラジオ!」第116回の収録レポートに参りましょう!

________________


今回も、京都のヨーロッパハウススタジオからの放送です。


永野のいつになく真剣な表情から放送がスタートしていきますが、
この表情の理由はOPの話題にありました。

ね、血圧の話ということでこの表情だったんですねえ。
年をとると病気の話が多くなるとは聞いていましたけども、
まさに目の前で繰り広げられております。
あの話は本当だったよ、子どもの頃教えてくれた誰か大人の人。

ただまあ、病気の話は長くなりがち。


登場を待たされているマンスリーゲスト・酒井も指先をイジりはじめます。
指先がそんなに面白いはずはないですからねえ。

ともかく、永野の腎臓に問題がなくてひと安心したところで、
いよいよ酒井の出番でございます。


両手を体側に握っての登場。
ポーズのせいか酒井の趣味のせいか、ロボットに見えなくもありません。
自分の体を改造した可能性があります。

そんな酒井宛てにお便りをいただいておりましたので、
今回はそちらをご紹介させていただきます。
リカさま、カツオ人間さま、ありがとうございます!

酒井も非常に喜んでおりますよ!


あんまり表情からは分かりにくいかもしれませんが、
この真剣な表情こそ酒井の喜んでいる証なのであります。

酒井が悪魔の声になることもなく、
無事に番組のメインコンテンツ・ラジオドラマを迎えることが出来ました。
12月はついにレギュラー化したあの男のドラマです。


■ラジオドラマ
12月期ラジオドラマ「タクシー運ちゃん浪花二郎 第三話/作・土佐和成」

このコーナーでは月替わりで様々なラジオドラマをお送りします。
12月は、「新世界短編集」に登場して話題を集めた浪花二郎がレギュラー化!
浪花二郎の軽妙のなキャラクターから、どんな人情話が繰り広げられるのか、
次回からも、どうぞお楽しみに!


ということでございまして、
第116回放送でございました。

今回は、酒井善史宛てのお便りをご紹介させていただきました。
お便りくださったみなさま、ありがとうございました!
ラジオドラマ・浪花二郎もますますフザけていければと思っております。
次回の放送もどうぞ、お聞き逃しなく!


番組では、放送への感想、永野・マンスリーゲストへの質問等を募集しております。
みなさまからのコメントを番組メールアドレス(europe.broadway@gmail.com)、
またはこのブログのコメント欄にて受け付けております。
ぜひ、みなさまのお声をお寄せくださいm(__)m

お待ちしてます!

0 件のコメント :

コメントを投稿