2017/03/20

収録レポート #129


みなさま、1週間のご無沙汰、いかがお過ごしでしたでしょうか?
「ヨーロッパ企画のブロードウェイラジオ!」第129回放送でございました。
伊東駅と伊豆急下田駅を結ぶ伊豆急行は、その名前から129を語呂合わせに使うことが多いそうですよ!
今回もみなさま、よろしくお願いします!

さあさあ、今週も「収録レポート」をお届けします。
担当は、当番組構成の伊勢村圭太です。どうぞよろしくお願いいたします。

それでは、「ヨーロッパ企画のブロードウェイラジオ!」第129回の収録レポートに参りましょう!

________________


今回も、京都のヨーロッパハウススタジオからの放送です。


おや、なにやら永野が目を閉じて、感慨深げな表情をしておりますねえ。
いったい何があったのでしょうか?

そして収録は始まっていきますが、今回はのっけからマンスリーゲストを呼び込みます。


ヨーロッパ企画・諏訪雅!
永野の表情に対して、諏訪は良い笑顔を見せております。

そしてそして、今回はもう一人ゲストが来てくれていると。
一体誰なんでしょうか?


ヨーロッパ企画・上田誠!

そうなんですねえ。
上田誠が作・演出しました、昨年のヨーロッパ企画本公演、
『来てけつかるべき新世界』が岸田國士戯曲賞を受賞したと!
めでたい!!

演劇界ではとても権威ある、非常に嬉しい賞なのであります。
先ほどの永野・諏訪の表情も納得というものであります。

そこで今回は、みなさまからのお祝いのメッセージをご紹介しつつ、
受賞が決まった時の様子などを語り合うという、それ一本でいきたいと思います。
(あ、ラジオドラマはありますよ。)

はつさま、てつごろうさま、あんこだんごさま、マリンちゃんさま、てんちゃん@愛知さま、あゆみさま、ちーやんさま、大阪のキキさま、お便りありがとうございます!

上田はロケ中の山奥で金丸くんに煽られながら受賞を知り、
諏訪・永野は二人で一緒に受賞を聞いたと。

諏訪・永野が受賞を知った時の音声を諏訪が録音していてくれたということで、
音源を借りてまいりましたよ。


受賞を知った時の音声、いかがでしたでしょうか?
本当に喜ぶと「すげえ、すげえ」しか言えなくなるもんなんでしょうか?
非常に生っぽい(まあ、生なんですが)リアクションでした。

今回はもうともかく、
めでたさと嬉しさの放送となりましたねえ。
お便りを読む永野の声も気持ち涙声になったり、
放送として良いかどうかはともかく、三人がとても嬉しそうだったのでお許しくださいm(__)m

といったところで、
番組はメインコンテンツ・ラジオドラマに入っていきます。

3月は、2月から引き続きの中村季未さんによる、
新しい一話完結のラジオドラマシリーズです。
ぜひ、味わってみてくださいー。


■ラジオドラマ
3月期ラジオドラマ「ぬるい春 第三話『Lonesome wolves』/作・中村季未さん」
ゲスト出演:横山清正さん(気持ちのいいチョップ)

このコーナーでは月替わりで様々なラジオドラマをお送りします。
3月は、中村季未さんによる「ぬるい春」。
毎回一話完結で、なんとも形容しがたい人間模様をお届けします。
次回からも、どうぞお楽しみに!


ということでございまして、
第129回放送でございました。

今回はもう、岸田國士戯曲賞受賞特集でした。
次回は、行楽シーズンということもありまして、花見での飲食について諏訪先生から教わろうと思います。
そしてラジオドラマは引き続き中村季未さんの「ぬるい春」!
次回からもどうぞ、お楽しみに!


番組では、放送への感想、永野・マンスリーゲストへの質問等を募集しております。
みなさまからのコメントを番組メールアドレス(europe.broadway@gmail.com)、
またはこのブログのコメント欄にて受け付けております。
ぜひ、みなさまのお声をお寄せくださいm(__)m

お待ちしてます!

0 件のコメント :

コメントを投稿