2017/04/17

収録レポート #133


みなさま、1週間のご無沙汰、いかがお過ごしでしたでしょうか?
「ヨーロッパ企画のブロードウェイラジオ!」第133回放送でございました。
米国のスペースシャトルは、30年間で133ものミッションを成功させたそうですよ。
ということで今回もみなさま、よろしくお願いします!

さあさあ、今週も「収録レポート」をお届けします。
担当は、当番組構成の伊勢村圭太です。どうぞよろしくお願いいたします。

それでは、「ヨーロッパ企画のブロードウェイラジオ!」第133回の収録レポートに参りましょう!

________________


今回も、京都のヨーロッパハウススタジオからの放送です。


前回にも増して優しい表情の永野から収録はスタートしていきますけれども。

そうなんでございます!


前回から藤谷理子が、新レギュラーDJとして来ているんですねえ。
永野の優しい表情はそのためでした。

しかしここで一つ言っておきたい。
私・伊勢村も永野の後輩であると言うことを。
この優しい表情を伊勢村にも向けてくれる日を、待っています。

OPはお便りのご紹介から。
今回は春ということで、みなさまの新生活に関するエピソードを募集しましたところ、
たくさんのお便りをいただきました。
てんちゃん@愛知さま、ハスママさま、ちーやんさま、ありがとうございます!

ということで、いただいたエピソードをもとに新生活にまつわる話をしていこうというこちらの企画、
「シン・セイカツ」をお送りします。


今回から、理子ちゃんもお便りを読んでくれます。
藤谷理子自身も3年前の大学進学とともに新生活を始めた経験がありますので、
感情豊かな読みであります。


新生活を見守る立場からのお便りをたくさんいただきまして、
永野も宮崎のお母さんを思って大変喜んでおります。

新生活を始める側、見送る側、双方に様々なエピソードや気持ちの動きがあるものでございますねえ。
伊勢村も、実家を出て一人暮らしを始めたときのことを思い出したでございますよ。

といったところで、番組はメインコンテンツ・ラジオドラマに入っていきます。

4月は人気シリーズ「本当にあったハートウォーミングストーリー」、
今回は、よく出演してもらっているあの人に脚本をお願いしました。


■ラジオドラマ
4月期ラジオドラマ「本当にあったハートウォーミングストーリー『僕と弟』/作・横山清正さん(気持ちのいいチョップ)」

このコーナーでは月替わりで様々なラジオドラマをお送りします。
4月は、人気シリーズ「本当にあったハートウォーミングストーリー」!
この番組で書いてもらったことがない人を中心に脚本をお願いしていきます。
次回以降は誰のどんな心温まる実話が披露されるのか、乞うご期待です!

・一人で喋りすぎる台本を持ってきた清正くん。



ということでございまして、
第133回放送でございました。

新DJ・藤谷理子を迎えての第2回目でございました。
皆さまからたくさんの新生活エピソードをいただきまして、ありがとうございます。
次回からも皆さまとの協力体制で番組作りをしていければと思っておりますm(__)m
ラジオドラマは引き続き「本当にあったハートウォーミングストーリー」。
次回は番組初登場の方に台本をお願いしました。
どうぞお楽しみに!


番組では、放送への感想、永野・マンスリーゲストへの質問等を募集しております。
みなさまからのコメントを番組メールアドレス(europe.broadway@gmail.com)、
またはこのブログのコメント欄にて受け付けております。
ぜひ、みなさまのお声をお寄せくださいm(__)m

お待ちしてます!

0 件のコメント :

コメントを投稿