2015/12/01

収録レポート #61


1週間のご無沙汰、いかがお過ごしでしたでしょうか?
「ヨーロッパ企画のブロードウェイラジオ!」第61回放送でございました。
第59回に続いて、またも素数回でございますよ。
そんな今回も、どうぞよろしくお願いします!

さあさあ、今週も「収録レポート」をお届けします。
担当は、当番組構成の伊勢村圭太です。どうぞよろしくお願いいたします。

それでは、「ヨーロッパ企画のブロードウェイラジオ!」第61回の収録レポートに参りましょう!

________________


今回も京都のヨーロッパハウス・スタジオからの放送です。


目をギンギンに見開いた永野の姿から、収録は始まっていきます。
OPは、今年行いましたヨーロッパ企画の新作本公演『遊星ブンボーグの接近』に関するお便りの紹介から。

と思ったら、この男、いや、この漢がフライングで喋りだしてしまいました。


マンスリーゲスト・黒木正浩!

今回が最終週となる、黒木のゲスト回。
まだまだ謎が残るこの漢の全貌を知るため、今回も黒木の応援ゲストが登場!


ヨーロッパ企画・角田貴志!

ところが、のっけから黒木のことは知らないと言う衝撃の発言。
先週もお話した通り黒木は映画を撮っているのですが、そこにも出たことがないという角田。
そう言えば、上の写真もよく分からないものを見る目で黒木を見ているようにも見えます。

黒木も角田とのつながりを必死で探すのですが、


あまり良いエピソードは出ず…。
結局、黒木の昔の話をみんなで聞く回となりました。


結局この1ヶ月で黒木のことを捉えることは出来ず終いのまま、
番組はラジオドラマのコーナーへ入っていきます。


■ラジオドラマ
11月期ラジオドラマ「本当にあったハートウォーミングストーリー『反抗期』/作・中川晴樹」

このコーナーでは月替わりで様々なラジオドラマをお送りします。
今月は、『本当にあったハートウォーミングストーリー』!
オムニバス形式で、作家自身の実話を元にしたドラマをお送りしました。
12月期もハートウォーミングなストーリーをお送りしていきますので、お楽しみに!

・ハートウォーミングな記憶が無かった中川晴樹。



さあ、11月も最後の放送でございました。
次回からはまた新マンスリーゲストでお送りします。
そして、ラジオドラマは「本当にあったハートウォーミングストーリー」女流作家大会をお送りする予定です!
次回もどうぞ、お聞き逃しなく!


そして番組では、放送への感想、永野・マンスリーゲストへの質問等を募集しております。
番組のメールアドレス 46way@europe-kikaku.com もしくは、
このブログのコメント欄で随時お待ちしております!
ぜひお気軽に、一言だけでもコメントくださいませ。
お待ちしてます!

0 件のコメント :

コメントを投稿