2016/03/09

収録レポート #75


みなさま、1週間のご無沙汰、いかがお過ごしでしたでしょうか?
「ヨーロッパ企画のブロードウェイラジオ!」第75回放送でございました。
今回から3月分の放送に入りまして、年度末の慌ただしさを感じている今日この頃でございます。
そんな今回もお聞きくださったみなさま、ありがとうございます!

さあさあ、今週も「収録レポート」をお届けします。
担当は、当番組構成の伊勢村圭太です。どうぞよろしくお願いいたします。

それでは、「ヨーロッパ企画のブロードウェイラジオ!」第75回の収録レポートに参りましょう!

________________


さあ、放送をお聞きになった方は、
まずタイトルコールがいつもと違うことにお気づきになったのではないでしょうか。
そうです!
今回は、香川県・さぬき映画祭の会場で公開収録をさせていただいたのです!


OPは、お便りのご紹介から。
みなさまからのお便り、本当に嬉しいです!
みなさまのおかげで、番組は成り立っております。
是非これからも、かわいがってくださいませ。

お便りのご紹介に続いて、3月度のマンスリーゲストを呼び込みます。
昨年も香川県での公開収録ではこの男がマンスリーゲストでした。


ヨーロッパ企画・諏訪雅!

マンスリーゲストの紹介で拍手が起こる。
公開収録って、良いもんですね!

連日危うくイトーピアに行きかけたという諏訪ですが、
何とかeとぴあに辿りついて良かった。
こんなに歓迎されているわけですからねえ。


こちらはさぬき映画祭ディレクター・本広克行監督のサインですが、
さぬき映画祭では映画界の、映画界ではない方も、様々な著名人に出会えるのです。

永野も放送の中で言っていた通り、
我々みたいな者はパーティーでの居住まいに困ってしまうんですけども、
永野にとっては非常に得難い時間になったようでございますねえ。

といったところで、
番組はメインコンテンツのラジオドラマへ入っていきます。
公開収録ということで当日会場にいらっしゃった皆様にも参加していただいて、
賑やかなドラマになっておりますよー!


■ラジオドラマ
3月期ラジオドラマ「本広克行物語~青雲編~/作・永野宗典」
ゲスト出演:公開収録会場にいらっしゃった皆様

このコーナーでは月替わりで様々なラジオドラマをお送りします。
今月は、昨年に続いての「本広克行物語」、今回は青雲編と題して本広克行監督の青年期をドラマ化しました。
映画監督・本広克行はどのように作られたのか。
次回以降もどうぞお楽しみに!

・収録後、会場にいらっしゃった皆様と。



ということでございまして、
公開収録でお送りした第75回放送でございました。
次回も香川での公開収録の模様をお届けしますよ!
公開収録ならではの雰囲気、公開収録ならではのラジオドラマを、
次回もお楽しみください!


そして番組では、放送への感想、永野・マンスリーゲストへの質問等を募集しております。
番組のメールアドレス 46way@europe-kikaku.com もしくは、
このブログのコメント欄で随時お待ちしております!
ぜひお気軽に、一言だけでもコメントくださいませ。

お待ちしてます!

0 件のコメント :

コメントを投稿